グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

京畿大学校
2019年7月号 国際学部 A.M

〈日本から持ってきてよかった物〉

①うどん、スープ等

 韓国に住んでいると時々日本の食べ物が恋しくなる時があります。そんな時に簡単にできるカップうどんやみそ汁などを飲むことが多いです。粉スープは韓国にも売ってはいるのですが、値段が高いので日本から持ってきてよかったなと思いました。寮にはキッチンはもちろん冷蔵庫もないので冷蔵せずに保管できるものを重宝しています。朝や小腹が空いたときにはパンにスープをつけて食べたりしています。私は梅味の飴が好きなので、それも持ってきてよかったなと思います。自分の好きな食べ物やお菓子を食べることはストレス解消にもなるので持ってきてよかったです。

②生理用品

 日本から私は生理用品を本当に多く持ってきましたが、大量に持ってきておいてよかったと思います。韓国の生理用品はとても高く、数個しか入っていないのに500円を超したりすることもあります。また、数年前には韓国の生理用品からがん成分が出たというニュースもあり、韓国製品のものを使うのは少し抵抗がありました。なので自分が普段使用していたものを持ってくることが安心だと思います。

③薬

 薬は普段からよく飲んでいたものをたくさん持ってきていました。留学にきて一か月が経った頃に風邪をひいてしまったのですが、薬をもってきていて本当によかったなと思いました。韓国には日本のドラックストアのようなものはあまりなく、薬局のように薬剤師さんに症状を話して処方してもらうというシステムの店舗がほとんどです。韓国語に自信がない時に薬剤師に症状を説明することは難しいのに加え、いつもとは違う外国の薬を飲むことに私は抵抗があるので日本から薬をもってきておいてよかったなと思います。飲み薬だけでなく、塗り薬等も持ってくることをオススメします。

 

〈携帯と銀行口座のついて〉

私が留学する前に気にしていたことがこの二つです。携帯と銀行口座について今回は軽く説明しようと思います。

〇携帯電話について

 私は今シンチョンにある携帯ショップと契約をして携帯を利用しています。韓国に来てすぐにパスポートとSIM解除をした携帯をもってショップに行けば、はじめはプリペイド式で携帯を使うことができます。外国人登録証ができたら(4月終わりから5月頃)外国人登録証をもってショップに行けば、オンラインショップなども何一つ不便なく使用することができるようになります。携帯を外でよく使うのであれば、プリペイドではなく銀行口座から直接引き落とされるプランに変更することも可能です。私自身1か月10GBの口座引き落としのプランを使用しています。韓国に来る前に携帯について調べていると、20歳以上でないと契約を結べないと言っている人が多くいて当時まだ20歳ではなかったので契約できるか心配だったのですが、韓国の年齢で20歳を超えていれば契約できるので、日本で19歳でも契約可能です。

〇銀行口座について

 外国人登録証が発行されればバディーさんが一緒に韓国の口座を開設してくれます。同時にカードも発行してくれます。カードが発行される前はソウルにあるグローバルATMを探してお金をおろしていましたが、韓国のカードができてからどのATMでもお金をおろすことができるようになったのでとても楽になりました。口座開設の際にはバディーさんが付き添ってくれるのでなんの心配もなく開設することができました。

 

  (大学内にある銀行(新韓銀行))