Center for the Promotion of Global Education

グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年12月号 国際学部 S.K

①試験

今月は試験について書いていきます。先月のマンスリーレポートにて紹介した通り、現在私が履修している講義は「Global Memories, Memories of the Global」、「Literature and Arts」、「Literature by Women」、「Analysis of Political Economy」、そして中国語の授業となります。

「Global Memories, Memories of the Global」ではテストはなく、その代わりに各自が選択した講義で扱ったテーマに関するプレゼンおよび自分の研究に関する発表と、レポートの提出でした。ただ、私を含めた数人は院生ではなく学部生で、自身の研究を持たないため講義で扱ったテーマに関連した問題に答えるというレポートになりました。

「Literature and Arts」では、中間と期末の2回に分けた記述でのテストとなります。テーマは講義で扱ったものを2つ以上選択し比較するというものでした。

「Literature by Women」では、中間にグループでの講義で扱った小説から考えられるテーマを見つけ、プレゼン発表をするというもので、期末では後半に扱った小説から考え出せる自由なテーマを自由な形で提出するというものでかなり自由度が高く、それが逆に難しそうだなという感じです。

「Analysis of Political Economy」では、終盤に自身で選択したリーディングに関するプレゼンと、設定した研究対象を講義で扱ったものを用いて分析するというものでした。

最後に中国語のテストですが、授業で扱った単語や熟語を元にしたペーパーでのテストでした。

 

 

②年越し

年末ということで、台湾で有名な台北101で行われる年明け花火に友達と行ってきました。台湾ではその努力のおかげで、コロナ禍でも対策が行われた上で年越しのイベントが出来たので良かったです。台北101の近くに行くと、アーティストたちによるライブの音が響き渡り、例年ほどではなさそうですが活気で満ちていました。そして、いざカウントダウンが始まると、どんどんテンションが上がり、0と同時に台北101から大量のしかもかなりの時間のあいだ、花火が打ち上がりとてもキレイでした。ただ、おそらくコロナに配慮してかもしれませんが皆おもいっきりワッーー!!とは騒がず終わったので、少し不完全燃焼感はありました。しかし海外で、しかも私自身初の年末イベントへの参加だったのでとてもいい思い出になりました。新年快樂~!!