グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

アサンプション大学
2012年1月号 文学部 K.N

この1年を振り返って(留学前と今を比較して変わったところ)

1年間振り返って第一に感じることはやはり語学面だと思います。しかし1年で勉強面が伸びるのは当たり前だと思います、そういったことを考えると、精神面の変化が、より大きいものだと感じ取れます。2011年は色々なことが起こった1年でした、その中でもタイは大洪水に見舞われ、一時帰国という選択をとるざるを得なかった状況や、決して日本より優れていると言えない環境下での生活は大きく私の心の成長につながったと思います。そう行ったことをふまえて、日本という国の素晴らしさも外に出てみてやはり痛感します。「この国(日本)は自分たちが思っているよりいい国です」と声を大にしていいたいです。またみなさんが思っている以上に世界の人々はに日本に対しての興味・関心・親しみ、時には嫌悪感を抱いているということも感じ取れました。同じアジア圏でも文化・価値観・思想の違い、様々な異なる面があります。1歩外に出ると当たり前と思っていることが当たり前ではないのです。そういう環境下にいると、何事も知ってみたい!!という変な好奇心が湧いてきます。好奇心の塊かもしれません。このことはとても己という存在を刺激してくれることともなりました。そういったチャレンジ精神等は、引っ込み思案だった留学前と後を比較すると自分でも不思議に感じるくらい成長したと思います。タイは決して豊かとはいえない国です。色々お金が入ってくると汚い面も見せますが、心の豊かさは、日本よりあるかもしれません。ネガティブに表現すると、余裕を持ちすぎてる、向上心がなさすぎるということにもなりますが…心の豊かさという面では、日本人が忘れてしまっているものを持っているのではないかなと感じます。

それが良いとは、私は断定できませんが、この国に来てよかった。という事実は変わりありません。また、渡航してみて、人間を成長させてくれる国かつ、一歩間違えると堕落にもつながる国であると思います。私は私なりに成長できたと思います。繰り返しますが、この国に来てよかった思います。

 

帰国後どう留学経験を生かす予定なのか(帰国後の予定)

私はいま4回生で、5回生卒業となります。なので、帰国後は就職活動かつ教育実習という2つの大きなことが待ち受けてます。まずはアルバイトをしないと一文なしなので生活もできない状態なのですが…

留学ということを生かして、残りの大学生活を上手く立ち回って行きたいと思っています。せっかくの英語を忘れてしまわないためにも、英語にかかわるお仕事にも携わってみたいとも思っていますし、留学前は就職ということに関してあんまり興味を示していなかったのですが、1年を通して少し興味もわいてきて、色々挑戦してみようかなと思っている次第であります。この経験で色々な視野が広がったともいえると思います。しかしながら、まずは引き続き勉強したいと思います。あと後のことはタイで培った、なんとかなるさ精神でなんとかさせようと思います。

ありがとうございました。