グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

シーナカリンウィロート大学マンスリーレポート

エントリー一覧

  • 2020年3月号 文学部 R.H

    ①現地の学生、友人について  シーナカリンウィロート大学を主に、タイの学生と仲良くなりました。同じ授業を取っていることや、同じボランティア活動に…

    詳細はこちら

  • 2020年2月号 文学部 R.H

    ①余暇の過ごし方  私の場合では、前期が12月上旬に終わり、後期が1月上旬に始まったので、冬休みが一ヶ月ほどありました。その際は、タイの北部にあるチェ…

    詳細はこちら

  • 2020年1月号 文学部 R.H

    ①試験について 龍谷大学とは異なり、シーナカリンウィロート大学では、中間試験と期末試験の2回、試験が実施されます。試験の形式は授業、教授によって…

    詳細はこちら

  • 2019年12月号 文学部 R.H

    ①日本から持ってきてよかった物  食べ物、日用品にしても、日本食レストランや日本にあるドラックストアなどがあるので、持ってきていないものがあって…

    詳細はこちら

  • 2019年11月号 文学部 R.H

    ①治安、危険を感じたこと、トラブルについて  タイのバンコクに住んでいて治安が悪いと思ったことが一度もありません。スラム街など危険だなと感じると…

    詳細はこちら

  • 2019年10月号 文学部 R.H

    ①授業紹介 私が取っている授業は主にツアーリズムについてと、留学生のためのタイ語の授業です。ツアーリズムの授業の中でも、エアラインビジネスの授業…

    詳細はこちら

  • 2019年9月号 文学部 R.H

    ①環境について タイの環境については、大学内と私が住んでいる地域の二つに分けて紹介します。まずは、大学内についてですが、ほとんど龍谷大学と変わら…

    詳細はこちら

  • 2019年8月号 文学部 R.H

    1. オリエンテーションについて   オリエンテーションは、バンコクにあるシーナカリンウィロート大学のキャンパスにて、大学やビザなどの基本的な説明でした。…

    詳細はこちら

  • 2018年5月号 国際学部 M.I

    この留学を振り返って タイに留学してからの約10ヶ月は本当に3ヶ月かのように一瞬に過ぎ去ってしまいました。今こうして振り返ると辛かったことや楽し…

    詳細はこちら

  • 2018年4月号 国際学部 M.I

    カルチャーショックについて このテーマでいくつかのトピックが思い浮かびますが、その中でも特にこれがカルチャーショックかと感じたことについて書いて…

    詳細はこちら