Center for the Promotion of Global Education

グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

デュースブルグエッセン大学マンスリーレポート

エントリー一覧

  • 2024年1月号  文学部 H.U

    ①授業紹介 私がこの冬学期で受けた授業は、ドイツ語B1.2 、Germanistik、Japanese Politicsの三つである。 まずドイツ語は前半が対面授業、後半がオンライン授業というハイブリッド形式にな…

    詳細はこちら

  • 2023年12月 文学部 K.F

    ①カルチャーショックについて   やはり何と言っても、DB=ドイツの電車についてであろう。日本からドイツに留学する多くの学生たちは口を揃えて言うに違…

    詳細はこちら

  • 2023年12月号 文学部 H.U.

    ①カルチャーショックについて まずドイツに来て一番驚いたことは、電車がダイヤ通りに来る方が珍しいと言えるくらいには遅延ばかりすることである。日本…

    詳細はこちら

  • 2023年11月号 文学部 H.U.

    ①現地の学生、友人について 私の友人は、日本語の授業を受けている(受けていた)学生と、タンデム募集に応募してくれた人が大半である。ただ、デュース…

    詳細はこちら

  • 2023年11月号 文学部 K.F

    ①現地の学生、友人について   現地の学生について、私は、はじめ自分のバディーから始まり、同じ学年の人たちと知り合うことができた。大学主催のカラ…

    詳細はこちら

  • 2023年10月号 文学部 H.U.

    ①余暇の過ごし方 前期はドイツ語の授業しかとっていなかったため、自由に使える時間が多かった。その時は公務員試験の勉強や卒論の準備を進めるか、寮の…

    詳細はこちら

  • 2023年10月号 文学部 K.F

    ①余暇の過ごし方   私は、講義を履修している数が他の人より少なく、多くの時間が有る。基本的に空いた時間に、講義で出された課題を終わらせるか、散…

    詳細はこちら

  • 2023年9月号 文学部 K.F

    ①試験について     大学の試験についてだが、8月の段階で試験は終了している。長くても8月中盤までのレポート課題であった。ドイツでは講義、Seminarなど講義…

    詳細はこちら

  • 2023年9月号 文学部 H.U

    ①試験について 前期はドイツ語の授業のみ受講していた上、私が受けていた授業には口頭・記述試験やレポート課題が一切なく、出席と授業毎に出される課題…

    詳細はこちら

  • 2023年8月号 文学部 K.F

    ①日本から持ってきてよかった物   私が日本から持ってきた物として、主に、変換プラグ、ドライヤー、耳かきや爪切りなどの生活用品、モバイルバッテリ…

    詳細はこちら