グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

アサンプション大学
2014年8月号 文学部 R.F

「オリエンテーションについて」

オリエンテーションは授業が開始した週に行われます。アサンプション大学にはチューター制度がないため、入寮、携帯電話の購入、銀行口座の開設など各手続を自分たちで行います。授業が始まると時間に余裕がなくなるので、これらの手続きはすべてオリエンテーションまでに済ませておくのが良いです。私たちは入国からオリエンテーションまで2週間以上あったので、比較的スムーズに手続きを終えることができました。授業登録は国際部のあるホアマックキャンパスで行います。 オリエンテーションの内容は一年間の授業スケシュールや、テスト、服装、ビザの更新手続き、健康管理、タイ王国の文化、歴史などについてです。 アサンプション大学は日本とは違い、一セメスターに試験が中間試験、期末試験と二回行われます。期末試験終了後、約三週間の休暇を経て新学期となります。祝日はタイ国王の誕生日、建国記念日、また同大学はキリスト教のためクリスマスも祝日となります。しかし祝日にも授業が行われる場合があるため、担当教諭に確認が必要です。 タイでは大学生でも制服が一般的です。大学内の施設へは制服を着用しないと入ることができなく、日常的に制服はきちんと着ることが求められます。またテスト期間は特に厳しく、正装でなければ試験を受けることができないので注意が必要です。

 

「都市への交通手段について」

本校のアサンプション大学への交換留学生は空港に近いスワナプーンキャンパスに属します。同キャンパスは土地が広く、建物がヨーロッパ建築であり魅力的です。しかしバンコクでも田舎に建つキャンパスのため、都市へのアクセスが非常に困難です。ここでは大学からサイアムへの交通手段について紹介します。 サイアムへ出るには二つの手段があります。一つ目は大学のバンを利用する方法です。同大学にはスワナプーンキャンパスから各地域へのバン(大型のワゴン車)があります。皆さんがよく使うことになるのはサイアム行、メガバンナ行、ホアマックキャンパス行のバンです。サイアムへは100バーツ(約300円)で行くことができ、所要時間は約1時間です。しかし17時~19時、週末は渋滞になるので早めに出ることをお勧めします。ショッピングモールのメガバンナ行、ホアマックキャンパス行のバンは料金がかからず、どちらも約40分程度で到着します。 二つ目の手段はタクシーとBTSを利用する方法です。タイでの交通手段にはBTS、地下鉄の電車、バス、タクシーがあります。所属するキャンパスの最寄駅はウドムスク駅で、そこまではタクシーで30分ほどかかります。そこでBTSに乗りサイアムまで行く方法です。タクシーとBTSの料金を合わせて約300バーツほどかかります。しかし時間を問わないので行きたい時間帯に行ける利点があります。 一人で行く際はバンを使ったほうがリーズナブルですが、4人以上だとタクシー代を分割するためバンで行くのとさほど料金は変わりません。タクシーを使う際は友人と相談することをお勧めします。