グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

中央大学校
2018年3月号 国際学部 S.F

オリエンテーションについて

オリエンテーションは寮についてのオリエンテーションと、学校生活や銀行口座開設についてのオリエンテーションの2種類でした。寮についてのオリエンテーションは韓国に到着した次の日(3月28日)の夜9時から行われました。英語か韓国語か好きな方を選べますが、留学生は基本的に英語でした。内容としては寮の使い方や、掃除点検、避難訓練等の日にちなどでした。中央大学の寮はポイント制で、マイナス20ポイントになると寮を出ていかないといけないので注意が必要です。もうひとつのオリエンテーションは3月1日にあり、全て英語で行われました。内容としては、学校の施設の紹介や、バディの紹介、銀行開設、外国人登録の仕方でした。銀行開設は、その場で用紙が配られ全員で行ったのですが、グループごとにバディが居て手伝ってくれたので、特に難しいことはありませんでした。携帯の番号を記入する箇所も空欄で良かったので、番号がなくても特に不便なことはありませんでした。

サークルについて

韓国でサークルは”トンアリ”と言い、ダンスや自転車、韓国の伝統楽器を演奏するなど様々なサークルがあります。その中でも私は韓服を着るサークルに入りました。そのサークルでは、普段は韓服の着方を学んだり、韓服を着た時に使う小物を手作りしたりするスタディーというのを行います。他には、春や秋の涼しい期間に韓服を着て、景福宮に行ったり、写真スタジオを借りて撮影したりする活動もあります。韓国ならではの活動が出来、それが写真としても残るので、とても良い経験ができると思っています。この前は、新入生歓迎会があり、そこで会った新入生の子たちと仲良くなり、遊びに行く約束もしたのでこれからが楽しみです。他にも様々なサークルがあるので、自分の関心に合うサークルに入ってみるのも良いのではないかと思います。