グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

マレーシアサインズ大学
2019年2月号 国際学部 A.K

試験について

USMでは、15週間のTeaching weeks後に、1週間のRevision week, 3週間のExam weeksがあります。Revision weekは、テスト前に授業の復習をするために設けられています。

試験を受ける際は非常に厳しく、まず教室内にカバンを持ち込むことを禁止されます。持ち込みが許されているのは、筆箱から中身をのみを抜いた筆記用具、学生証のみです。外の通路にカバンを放置しないといけないため、貴重品はなるべく持っていかない方がトラブルに巻き込まれないと思います。

教授によって異なりますが、私が受講していた4科目のうちの3科目は、教授がある程度どういった内容を問うかを事前に教えてくれました。問題は全てエッセイタイプで、5問のうちの3問を答えるというスタイルです。リーディングを熟読してテストに挑めば問題ないと思います。

 

インターネットについて

日本と異なり、マレーシアではSIMカードを非常に簡単に入手できます。街の至る所に通信会社ショップがあり、パスポートさえ持っていればすぐに購入できます。10社近くある中で、私自身使っており、お勧めするのがCELCOMEという通信会社です。マレーシアを旅行した際に、割とどこでも電波が通じており、不便に感じたことはあまりありませんでした。15GBが50リンギット(約1500円)とお得だと思います。

友達の中には、Unlimitedでインターネットが使える通信会社(Umobile)を使っている人も多いです。