グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

中国人民大学
2019年7月号 法学部 A.Y

①日本から持ってきて良かった物

 私が日本から一番持ってきて良かったと思うものは、電子辞書です。電子辞書は勉強の時に必ずと言っていいほど必要です。日本にいるときは、スマホを使ってGoogleなどのサイトで単語や文法について調べていましたが、中国はネット環境が特別で、VPNというものを介さないとGoogleなどのネット検索ができません。そのため、簡単に単語を調べることができる電子辞書が授業中でも自習中でもとても活躍します。日本にいる間に、電子辞書に中国語のチップを入れておく事をお勧めします。

 

②日中交流会

 北京では、月に一度か二度北京に長く滞在している日本人の方が、日中交流会を主催してくださいます。私は、留学へ来て一カ月後程経ったときにその情報を知り、それ以降何度か参加しています。日本の文化が好きな中国人や、日本語を勉強中の中国人など様々な中国人の人々と交流することが出来ます。私は、夏休みにその交流会で仲良くなった中国人の人と連絡を取り合って、よく休日にその人と会っています。私が中国に留学して思ってことは、なかなか中国に来ても自分から積極的に行動しないと、多くの中国人の友人を作ることは出来ません。留学生活が半年過ぎ、中国語を流暢に話せるようになる為には、無理やり自分で中国語を話さなければいけない環境を作ることが大切だと知りました。話せば話すほど、スラスラと話せるようになってきました。これからもたくさんの中国人と話をしていこうと思います。