グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

祥明大学校
2017年7月号 国際学部 K.K

・日本から持ってきてよかった物

韓国に来て五か月が経とうとしていますが、その五か月の間で持ってきて良かったなと思ったものと、自分が生活している中で持ってきておけばよかったと思ったものを紹介していきたいと思います。

まずは、防寒性の高い服で、韓国は京都や大阪などに比べてとても寒いので、防寒性の高いアウターがないと外に出かけた時、死にそうになります。逆に室内はオンドルという床暖房的なものがあるので、そんなに厚着のものを持って来なくてもいいかなと感じました。

次に、パソコンで、これは絶対に持ってきた方がいいです。他にも、一日二日使えるような少量のシャンプー、ボディーソープや洗顔剤は持ってきた方がいいと思います。

後は、コンセントの変換プラグなども持ってきたら役に立ちます。ちなみに韓国はSEタイプとCタイプの形状らしいですが、サンミョンの寄宿舎などでは、ほとんどSEタイプでした。韓国は日本と電圧が違うので日本専用のドライヤーなどを韓国のコンセントに差すと小爆発するので、注意してください。

これは、持ってきておけば良かったと思ったものですが、6月ごろから蚊が多くなってくるので、ムヒのような刺された後のケアできるものなどを持ってきておけば便利だと思います。私は友達からムヒを借りています。サンミョンは山にあるので虫がとても多く、刺されると厄介な虫もいるようなので、ムヒのようなものがあれば良いと思いました。

持ってきたら役立つものを色々紹介しましたが、韓国に来てからでも買うことは可能だし、服などは韓国では安いので来てから韓国で買うのもありだと思います。ただ、韓国で日本製の物を買おうとするととても高いので、日本製のものが欲しいなら日本で買って持ってくることをお勧めします。

・韓国の夏、梅雨

韓国の7月はとても暑く、梅雨も7月上旬~中旬あたりでやって来ます。日本よりも圧倒的に雨の日が少ないソウルですが、梅雨にはしっかりと雨が降ります。6月下旬では日中暑くても夜になると涼しくなることが多かったソウルも、7月になると夜もしっかり暑くなります。ただ、韓国の夏は湿度が高くないので、体感気温はそこまで高くないと思います。いま、韓国の大学は夏休みに入っていますが、日本に旅行に行く韓国の友達のほとんどの人が「日本はとても暑い」と言います。中でも印象に残った感想で「湿度が高すぎて、サウナにいるようだった」というのがとても面白い感想でした。

あと、韓国にいて不思議に感じたことが、明るい時間が長く、6月中旬あたりから今でも、大体20時くらいまでは明るいです。日本もそうだったかなと、どうでもいいことですが今、不思議に思っています。

夏休みに入ってから、ソウルの色々なところに遊びに行っては、おいしいものを食べたりして、楽しんでいます。まだ一か月ちょっと残っているので、もっといろんな場所に行こうと思います。