グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

瀋陽大学
2017年6月号 文学部 S.H

・ 治安、危険を感じたこと、トラブルについて

 

中国は車が多く通っています。クラクションが鳴りやむときなどほぼありません。中国は人間より車が優先という文化です。日本は人が優先だと思っている人のほうが多いと思います。僕もそう思っていました。交差点を歩いていると、クラクションを鳴らしながら車が曲がってきたのです。僕はひかれたと思い、どうやって天国に行くんだうと、考えようとしていました。これがカルチャーショックなのかと思いました。この話を中国人の先生にすると、中国は車のほうが優先だからね、気を付けてねといわれました。

車のほかに、中国には電気で動くバイクがあります。このバイクは日本のバイクとは違い、音がしないのです。さらに、これを乗るために、免許もいらず、歩道も走ることができます。歩道を歩いているときに、後ろからバイクが来たときはほんとに驚きました。何も音がしないので、よく後ろを見て歩かなければいけません。

これら以外には、危険だと思ったり、治安が悪いと思ったりはしません。トラブルもなく、本当に楽しい留学生活が遅れています。

 

・大連へ旅行

 

休みの日に留学生と大連へ旅行に行きました。瀋陽から大連に行くために日本でいう新幹線に乗らなければいけません。中国の新幹線は2種類あります。値段が安いのと高いのです。安いものは少し時間がかかります。高いものはきれいで速いです。瀋陽から大連まで安いには5時間以上。高いのは大体2時間で到着します。高いのは安いのより2倍くらいの値段ですが、3000円くらいなので高いのに乗るのをお勧めします。

大連に到着し、まずホテルに行きました。大連に日本の会社が多いからなのか、ホテルに日本語を話せる人が一人いました。わからないことは日本語で伝えてくれて、とても助かりました。チェックインも終わり、大連森林動物園に行きました。大連の動物園は本当に広いです。パンダやライオン、シマウマ、ラクダなど、本当にたくさんの動物がいます。すべてを回るのに4時間かかるといわれています。そのくらい広いのです。

そのほかに海にも行きました。すこし、季節が早く、水が冷たくて、海に入ることはできませんでしたが、砂浜でぼーっとしていました。

休日を満喫できました。

 

動物園のパンダ

そしてラクダ