グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年11月号 国際学部 S.M

①授業について

授業は今学期、7科目を履修しました。そのうち二科目は、中国語開講の科目で中国の伝統飲食文化を学ぶ授業と、華人とグローバル化という華人の文化や習慣、経済等を学べる授業を履修しました。初めての中国語で執り行われる授業は緊張し、聞き取れるか心配でしたがわからない単語は自分で調べて何とか授業についていくことができました。児童英語教学の授業は、様々なバックグラウンドを持った現地学生及び国際学生と一緒に各国の英語教育を知ることもでき、とても面白い授業でした。

 

②台湾での決済方法

日本では近年キャッシュレスが進んでおり、日本の友達も現金を使わない子たちが増えています。台湾でもQRコード決済やカード決済などが普及しており、大きめのデパートなどではカード決済を行う友達も多かったです。ただ、個人経営のお店ではまだまだキャッシュレス決済のできない店が多いため、やはり日本と同様に現金はいくらか持っていたほうがいいです。また、オンラインショップや一部のお店では日本のカードが使用できませんので、台湾でデビットカードを作ることをお勧めします。