グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年3月号 国際学部 S.K

①オリエンテーションについて

オリエンテーションでは、まず教室に向かうと必要事項を記入する用紙が配られそこに記入していきます。書くことが少し多く面倒ですが難しいことは特にないのでどんどん記入していけばさっと終わります。留学が始まったばかりで不安はありましたが、留学生担当の方々はとても気さくで優しく、聞き取りやすいキレイな英語で話してくれるため少し安心できました。何か分からないことがあれば気負わずに聞けば親身に聞いてくれます。

と、ここまでは良いこととオリエンテーションのざっくりとした内容を書きましたが、少し残念な点もありました。コロナの影響が大きいとは思うのですが、おそらく今回のオリエンテーションは例年と比べ簡易的であったと思います。そのため説明もざっくばらんで、正直細かい所はあまりよく分かりませんでした。また、オリエンテーションに関する事前の説明等も少なく補足の説明等も特になかったため、少し手探り感が強かったです。このように書いてきましたが、まあなんとかなるので大丈夫です!

 

②ARC

私は1年間の留学ですのでARCという居留証を申請する必要があったのですが、ここではその申請について書いていきます。まず「ARCとはなんぞや?」となると思いますが、これは6ヶ月以上の長い期間台湾にいる人が取得しなければいけないもので、パスポート以外での身分証になるものです。ちなみにですが、これがないと携帯の長期契約が出来ないそうです。またこれは入国後15日以内に申請しないといけないのでお忘れ無く!(調べると居留ビザ取得後15日以内となっていましたが、おそらく居留ビザは日本で事前に取得していると思うので入国後としました。自分でも確認してみてください。)

そして申請ですが、私は台北なのでMRTという電車の小南門という駅の近くにある「内政部移民署」というところで行いました。着くとまず検温と消毒を済ませ、整理券を取ります(後に書きますが、申請書を事前に記入せずに持ち込んだ場合でも、整理券は取っておきましょう!けっこう待ち時間があります。)。事前に申請書をプリントし記入して必要書類もそろっている場合は、そのまま奥にある長イスで長時間のゆったりタイムを楽しみましょう。申請書を事前に用意をしていない場合は、整理券の横にあるのでそれを取って直ぐ近くに机があるので、じっくり記入して並べば大丈夫です。ここまでくれば後は、忙しさと人の多さで少しイライラしている職員さんに、申請書と必要書類等を提出し、お金を支払えば完了です。受け取りは後日になるのでその時は奥の所ではなく、入り口すぐ左のところで受け取れば無事ARCをゲット出来ます!私はお昼に行ったのでパンパンでしたが、朝一に行けば空いてるそうなので待ちたくない人は朝一に行きましょう!正直たいへん面倒くさいですが必要なものなので頑張りましょう!