グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年9月号 国際学部 S.M

① 余暇の過ごし方

台湾での夏休みは、コロナウイルスによる行動制限も特に無かったため台中や台南などに旅行に行ったり、台北で友達と遊んだりすることが多かったです。ただ、平日の朝は毎日夏休みも言語センターに通っていたため特に夏休みという休みは取れていませんでした。台北はかなり狭いため、正直に言うと私的には服などの買い物などはあまり楽しくありません。そのため、友達とはよくインスタで見つけたおしゃれなお店や美味しそうなお店、友達の間で流行っているお店などに行っていました。

 

②台湾での食

台湾には東南アジア等からたくさんの移民の方々がいることもあり、東南アジア各国の料理が手軽に味わえるのも魅力です。台湾の餃子やルーロウ飯など台湾料理もおいしいですが、台湾には香港やベトナム、マレーシア、インドネシア料理など普段日本では味わえない国や地域の料理も多数あるため、おそらく毎日外食生活になると思いますので台湾料理だけではなく様々な地域の料理を体験してみても楽しいと思います。