グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

同済大学
2019年7月号 政策学部 K.U

●日本から持ってきてよかったもの

日本から持ってきてよかったものは、一つ目に虫除けスプレー、蚊取り用のベープ、ムヒなどの虫除けグッズです。人によると思いますが私は中国の蚊は日本よりも刺されたときに痒く感じます。実際に蚊に咬まれた後が未だに消えません…。自分は元々虫除けスプレーとムヒしか持って来ておらず、それだけでは流石に寝る時が耐えられなくなり、ベープは日本から親に送ってもらいました。来学期からはワンプッシュタイプの蚊取りスプレーを持って行こうと思っています。ちなみに知り合いの中国人の学生は蚊帳を天井につけて蚊対策をしていました。
二つ目は海外に行くのには当然かもしれませんが、変圧器です。日本から持ってきた電化製品にはとりあえず変圧器を使っています。パソコン、電子辞書、ベープ、ヘアアイロン、ドライヤーなどなど、意外と沢山あるので二つあっても良かったな、今はと思います。
三つ目はインスタントのお味噌汁です。デリバリーを頼んだり、わざわざ出かけるほどではないけど日本食が食べたくなった時や、ちょっとお腹がすいたときや夜に宿題をする時に飲むととてもほっこりします。

●北京旅行

テストが終わった次の日から四泊五日でルームメートと自分含めて四人で、念願だった北京に行くことができました。万里の長城や故宫、颐和园など、教科書に出てきた観光場所に行ったり、上海とは違う街並みが新鮮でとても楽しかったです。この時期、上海は毎日雨か曇りで北京はどうなのかなと少し気にしていましたが、やはり上海と北京の気候は全然違い5日間ずっと晴れていて、帽子や日焼け止めが必須なくらいとても暑かったです。
北京にいったら必ず食べたいと思っていた北京ダックも食べることができました。北京の街を歩いているときに吊るされたアヒルの丸焼きを沢山見かけていたので、そのまま食べるのかなと少しビビっていたのですが、お店の人が目の前でそれを包丁で薄くスライスして、それを大きい餃子の皮みたいなものにキュウリや人参をくるんで食べました。味はとても美味しかったです。北京に行く機会があればまた食べたいなと思います。

   故宮              万里の長城     北京ダック

故宮万里の長城