グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

文藻外語大学
2020年4月号 国際学部 R.T

①環境について(大学施設/サービス、住居、街並み等)

大学施設・大学周辺の環境について書こうと思います。キャンパス内に関してですが、それほど大きくなくて移動が楽です。授業のための建物だけではなくて、大きい図書館があったり、体育館やジム、コンビニや朝ごはんやさんなどもあります。体育館にはいくつかのフロアがあり、バスケットボールやテニス、バドミントンなど、それぞれのフロアでできるスポーツが決まっていて使用することができます。外にはバレーコートやトラックもあり、スポーツをする環境がとても整っています。寮も大学内にあるのでとても楽です。

学校周りのことに関してですが、とにかく食べ物屋さんが多いです。台湾は外食文化なのでご飯は外で食べることがほとんどなので、お昼の時間は人でいっぱいになります。他にも薬局や、文房具屋さん、日本の製品がたくさん売っているお店など、学校近くにお店がたくさんあって、必要なものがあればすぐ買えるので便利です。watosonが近くにあるのですが、ほとんどが日本の製品で驚きました。バス停も沢山あって、新幹線が止まる駅や地下鉄の駅などもバス一本で行けるのでとても便利だと思います。

の友人が帰国を強いられました。私は残らせていただけることになったので、その分もこれからもより一層頑張っていきたいと思います。

②新型コロナウイルスに対する対策について

現在コロナが世界中で大流行しています。ですが台湾はコロナの対策がとてもしっかりしていて、感染者数もそれほど多くなく、その対策においてもすごいなあと感心する事がとても多いです。大学、寮はマスクをしないと出入りできなかったり、門から大学に入るときは必ず体温を測られます。授業でパソコンなどをつかった場合は、授業終わりに消毒スプレーとティッシュが回されて、各自消毒をしてから教室を出ます。バスなどに乗る際も、マスクをしていない場合は乗車できません。新型コロナウイルスの流行により、沢山

 

学校の近くにあるとてもおいしいタピオカ

学校の近くにある人気の餃子屋さん