グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

文藻外語大学
2020年4月号 経済学部 K.F

①環境について

 私は今、大学内の寮で生活しています。寮では1部屋4人で生活しており、部屋にはトイレとシャワーがついています。ちょっとしたキッチンはありますが、包丁などの道具などはありません。なので食事などは学校外に出て、お店で食べたり、持ち帰って食べたりしています。学校の周りにはたくさんのお店があり、食事で困ることはありませんでした。しかし、ほとんどのお店が夜の8時または9時には閉まってしまうので注意が必要です。また、私が生活を送っている高雄は台湾第3の都市であり、とても発展しています。大学からバスで10分ほどで、大きなデパートに行くことができます。そのデパートは日系のデパートなので、日本のものも割高ですが購入することができ、日本の食べ物が食べたい時にはそこで食事をとっています。高雄には他にも旗津や西子湾などがあり、そこでは美味しい海鮮料理や綺麗な景色を見ることができます。特に旗津はとてもお気に入りの場所で、旗津から見る夕焼けは本当に綺麗です。留学が始まり2ヶ月が経ちましたが食べ物もとても美味しく、本当に住みやすい街です。

 

②4月の生活

 4月は授業も本格的に始まり、また新型コロナウイルスの影響でほとんど大学内、もしくは大学周辺で過ごしていました。一度授業の校外学習で屏東に行きました。そこでは台湾の原住民の生活について学習し、実際に弓矢体験をしました。想像していたより難しく、なかなか弓矢が飛びませんでした。新型コロナが落ち着いてから、またどこかへ出かけたいと思います。