グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

オックスフォード・ブルックス大学
2016年11月号 法学部 R.T

➀カルチャーショックについて

イギリスにきてから、カルチャーショックを感じたことがいくつかあります。第一に、他の記事でも書いたようにこちらの学生はパーティーが好きな人が本当に多いことです。こちらの学生は、学期開始前のフレッシャーズウィークと呼ばれる期間は特にそうですが、学期中の平日でも普通に寮などで大音量の音楽を流しお酒を飲みながらパーティーをしていることが多いです。また、そのあとにはクラブにいくという流れが多いです。日本での学生の楽しみ方は、居酒屋やカラオケ、ボーリングなどだと思いますが、イギリスではそれらがほとんどないため、違う楽しみ方をしているんだと感じました。また、それに関して面白いと思ったことが一つあります。それは、イギリス人がクラブに行くときの服装に関してです。クラブに行く人、特に女性はカジュアルなドレスっぽい服装をすることが多いのですが、彼女たちは冬でもすごく薄い格好でクラブへ行きます。寮からクラブへはまあまあ距離があるのですが、いっつも寒そうだなぁとおもいながらみています。

➁オックスフォードの名物について

オックスフォードにはいくつか有名なものがあります。まず、一番有名なのがオックスフォード大学です。知っている人がほとんどだと思いますが、この大学は本当に大きく、毎年世界大学ランキングでも上位に入っています。シティーセンターにはこの大学のカレッジがたくさんあり、中に入って観光することもできます。ただ、ほとんどのカレッジでは入場料がかかってしまうと思うので、事前に調べていく必要があると思います。二つ目は、オックスフォードにはハリーポッターの食堂のシーンで使用された食堂があることです。この食堂はオックスフォード大学のカレッジのひとつであるクライストチャーチというカレッジの中にあります。ここはいつもたくさんの観光客で賑わっています。この食堂やカレッジはオックスフォード大学の学生が実際に使用しているということを聞き自分はとても驚きました。三つ目は、不思議の国のアリスのモデルになった場所がいくつかあるということです。アリスの著者であるルイスキャロルもかつてクライストチャーチで学んでおり、オックスフォードにはアリスショップといったアリスのグッズを扱っているショップもあります。オックスフォードに来た際はぜひ一度行ってみることをおすすめします。