グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

オックスフォード・ブルックス大学
2017年9月号 国際学部 H.Y

オリエンテーションについて

 

約15時間ほどかけて日本から香港経由のイギリス、ヒースロー空港に到着。そこからオックスフォードまでは大学のサービスでMeet and Greetingというものがありました。つまり空港のゲートをでた瞬間から寮の自分の部屋に入るまで大学の生徒やスタッフが案内してくれるというものです。ゲートを出ると大学名の書かれた看板でお迎えされ、オックスフォード行きのバス停まで案内してもらえます。オックスフォードについてからも担当の人がいて、タクシーで寮まで送ってもらえました。そこからも寮の説明があったりと充実したサービスでした。

私がイギリスについてから授業がはじまるまでの約1週間Fresher’s Weekと呼ばれる期間がありました。その期間中は毎日なにかしらのオリエンテーションが短時間で行われていました。主に授業登録や、ほかレジスターしなければいけないものの説明などでした。この期間中はLibrary Tour, Campus Tour, またオックスフォードの街のツアーなども行われていました。私は実際Campus Tourに参加しました。大学のことを知るのはもちろん、新しい友達を作るきっかけにもなりました。またSociety、日本でいうところのサークルの新歓もあって大学内にDJがいたり、Free Pizzaであふれていたりと常に大学は盛り上がっているという感じでした。Fresher’s Weekの1週間は大学がクラブイベントも開催しています。クラブだけじゃなくて寮でもPizza Partyが開かれていたり、私はOpen Air Cinemaにもいきました。実際すべて新しく友達をつくるきっかけになってとりあえずいってみてよかったなとおもいます。

 

新しい出会い

 

いわば‘一人きり’のような状況できたイギリスで新しい出会いにあふれた2週間を送りました。まずはフラットメイト、私の寮は男女6人でキッチンをシェアしています。フランスの女の子1人とイギリスの男女2人づつと私です。ついて2,3日目にあったPizza Partyで遊びに誘われてからいつも遊ぶ仲良しになりました。わたしのフラットメイトたちとほかのブロック、上の階下の階からといろんな人たちと知り合えて仲良くなれました。みんな本当に良い人たちでこの2週間ほど毎日と言っていいほどみんなと過ごしました。遊びに行くだけじゃなっくって、ショッピングに行ったり、一緒にキッチンで映画をみたり、ご飯を食べに行ったりと優しいフラットメイトに出会えたなと思います。またGlobal Buddiesというのに参加して仲良くなった同じグループだった子が家に招いてくれてその友達たちと一緒にフィッシュアンドチップスを買ってきて食べたり、Campus Tourで仲良くなったこのBirthday Partyにもいきました。おなじコースの人とも仲良くなって一緒にオックスフォード観光にいったり、一緒に課題をする友達もできたりと、毎日があたらしい出会い、また新しくできた良い友達に囲まれててワクワクするような2週間を送りました。

フラットメイトたちと遊びに行った時

オックスフォード観光、Radclif Camera

オックスフォード大学の図書館!!!!!!

Global Buddies の子達とテイクアウェイして食べたフィッシュアンドチップス

写真で見るよりもはるかに大きくて1人では食べきれない大きさです。

フラットと仲良しの子達と食べに行ったレバノン料理!

レバノン料理は初めてでしたがおいしかったです。