グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

コメンスキー大学人文学部
2015年11月号 国際文化学部 N.M

①    現地の学生、友達について

スロバキア人の学生は日本の学生と少し似ているように感じます。アルバイトをしている学生もおり、お酒を飲むのも大好きです。シャイな性格の人も多いので、授業で積極的に発言する人や私たち留学生に初対面で話しかけてくる人は少ないと思います。そのような国民性には個人的にとても親しみを感じます。

友達についてですが、授業には留学生があまりいないので大学を通じて仲良くなったのはスロバキア人がほとんどです。もちろん留学生(Erasmus)も多く在籍していますが学部が違う場合が多いので、とくにこのセメスターではあまり身近には感じていません。友達と言えるほど仲良くはありませんが、寮の隣人は留学生ばかりなのでキッチンで出会った時など、世間話をしています。

 

②    クリスマスマーケット

11月下旬からヨーロッパ各地でクリスマスマーケットが始まります。ブラチスラバでもクリスマスマーケットが始まり、旧市街はもうクリスマスムード一色なっています。

ヨーロッパは冬場の日照時間が夏場に比べるととても短いです。夏の間は朝6時前から22時近くまで明るかったのに、ここ最近は朝7時頃が日の出、そして17時にはもう真っ暗です。そんな土地で暮らすヨーロッパの人々にとってクリスマスマーケットは冬場の楽しみ、いわば一大イベントなのでかなり気合いが入っています。旧市街では広場にイルミネーションやツリー、スケートリンクまで登場してとてもにぎやかな雰囲気になっています。屋台ではホットワイン、そしてスロバキア名物のホットハニーワインや郷土料理、かわいいクリスマスオーナメントやアクセサリーなど様々なものが楽しめるとても素敵なイベントです。