グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

コメンスキー大学人文学部
2016年7月号 国際文化学部 S.F

1.余暇の過ごし方

コメンスキー大学では日本と比べて長い夏休みがあります。使い方は人それぞれだとは思いますが、言えることはやりたいことを積極的にやった方がいいということは確かに言えます。自分は長い夏休みとスロバキアの位置的にも、旅をするしかない!と思い色んな方の援助のもと色んな国に赴くことができました。せっかくヨーロッパにいるんだから有名なところよりも穴場的な国やヨーロッパ色のあまりない所に行こうと思い(有名な国も少しは行きましたが)、友達のアドバイスも受け中欧をまわりました。こちらでの移動は基本的には飛行機、バス、電車ですが自分は安いのと車中泊ができると考えバスを基本的に使いました。途中までは友達とまわってその後は一人旅という形でした。今はテロなど色んなことが世界で起きており、セキュリティや入国チェックが厳しい国など色んなところを周り、学校に行って講師から学ぶよりも遥かに大きい経験をすることができたと個人的には思います。

2.その他の選択肢

昔こっちに留学していた方たちの留学レポートをみてSASプログラムという、スロバキアの機関がスロバキアをもっと知ってもらおうと題して行っているプログラムがあると知っていたのでそれに実は参加しようと思っていたのですが、なかなかうまいこといかず結局参加することができませんでした。自分が動き出したのが遅かったのも理由の一つだと考えられるのでもし参加したいと思っているのであれば早めに動き出すことをおすすめします。ただ、自分は参加しなかった分縛られる時間がなくなったので自分の時間がたくさん出来たのでその他自分のしたいことに時間を費やすことができたので、結果オーライだと思っています。とりあえず言いたいことはやりたいことがあったら早めに行動する、後悔しないように日々過ごす、ということです。