グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

コメンスキー大学人文学部
2019年11月号 国際学部 A.N

1現地の学生・友達について

私は今、寮の2階の3人部屋に住んでいます。ルームメイトは、ハンガリー人とポーランド人で、隣の部屋にはスペイン人が2人住んでいます。私のルームメイトはとてもフレンドリーで面白いです。毎晩3人で、たわいのない話をします。ルームメイト以外にもたくさん友達がいます。毎日違う友達と話して、ご飯を食べて、刺激的な日々を送っています。授業で出会った友達(スロバキア人が多い)ともよく話します。授業の前後に男女関係なくみんなで仲良く話せる環境がとても大好きです。現地の多くのスロバキア人の学生は、留学生に興味を持っていると思います。ただ、最初はあまり積極的ではない(スペイン人に比べたら)ので、自分から話しかけたら後にすぐ仲良くなれます。

 

2時間の考え方

日本人と、現地や留学生の違うところを紹介します。それは、時間の考え方です。日本人は前もって予定やその時間を細かく設定しますが、スロバキアや他のヨーロッパの留学生は比較的何でも予定を直前に決めて、直前に意見を変えることが多いです。これは一緒に遊ぶとよく分かります。「来週のこの日は空いてる?」と聞いても先の予定は分からないといわれ、2、3日前に予定が決まることもあります。直前に予定がよく変わることが多いのと、その時の気分を大切にする人が多いように感じます。わたしは時間を有効に使いたいから、先の予定を早く知りたいけれど、他の人にとっては予定を決めるのは重要ではなくて、その瞬間の時間をどう過ごすのかがいかに大事なのかということが分かりました。

 

ハンガリーで飲んだワインがとっても美味しかったです!