グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

コメンスキー大学人文学部
2019年12月号 国際学部 A.N

1余暇の過ごし方

コメニウスの今学期の全授業は12月の2週目で終わり、1月2週目から末までがテスト期間という流れです。わたしは1月8日に1つだけテストがあったため、だいたい3週間の休みがありました。やったことは旅行、友達と遊ぶ、就活の下調べ、TOEICの勉強です。クリスマスにルームメイトたちの地元ハンガリーへ、年明けにポーランドに行きました。それ以外はずっとブラチスラバにいましたが、1日部屋にいるのは好きではないため、自分で友達と会う約束をしたり、パーティに参加したりしました。就活は帰国後にする予定ですが、自己分析や企業調べ等、ここでもできそうなものをしました。この3週間は、自由な時間をまとまって取れたので、自分のやりたいことに取り組めて、満足しています。

 

2クリスマス!

ヨーロッパの12月はクリスマスで賑わいます。街にはクリスマスマーケットやたくさんの装飾があり、冬の街を歩くのはとても楽しいです。12月の気温は3~8度くらいです。スロバキアは1月の終わりが一番寒くなると友人から聞きました。キリスト教の地域ではクリスマス休暇があり、12月24~26日まではほとんどの店(スーパーマーケットでさえも)が閉まりました。クリスマスは家族と過ごすのが基本らしく、日本でいうお正月のようなものです。そのため、クリスマス前にブラチスラバから市外の実家に帰るスロバキア人が多かったです。ヨーロッパ人の留学生もクリスマス前にかけて、自分の国に一時帰国する人が多く見られました。クリスマス期間に寮に残っていたのは、アジア人とトルコ人くらいでした。
クリスマスマーケットは旧市街に3つ有ります。1番大きいマーケットは中央広場(日本大使館の近くの広場)にあり、大きなクリスマスツリーがとてもきれいです。マーケットは11月下旬から12月末まで毎日やっています。昼からホットワインを飲めるのは、わたしの醍醐味でした。ホットドックやパラチンキと呼ばれる伝統的な薄いパンケーキからワインまで種類はさまざまです。是非、スロバキアのクリスマスを楽しんでください!