グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

コメンスキー大学人文学部
2019年2月号 国際学部 A.N

①オリエンテーションについて

Summer Semesterの授業は2月の中旬から始まり、オリエンテーション期間はその1週間前から始まります。到着日等は大学からは2月初旬から授業が始まる前までに来るよう伝えられますが、オリエンテーションに参加する場合は1週間前には到着するべきです。

大学のオリエンテーションは学部別で行われます。大学の施設、学生証の使い方、授業の履修方法が説明されます。説明はかなり簡単にされるので不明点があれば個別でコーディネーターに聞けます。

オリエンテーション期間中に、スロバキア語の授業を受けることができます。この期間中に3,4回授業を受け、もし気に入れば3月からの授業も受講することができます。(単位ももらえます)この授業に参加するだけでたくさんの留学生の友達ができます。


ここでは学校のオリエンテーションの他に、ESNという団体が主催する留学生向けのイベントがあります。イベント内容は、市内観光、パブ巡り、美術館巡り、Dinner Party(スロバキア料理を食べる)、クラブのパーティ等です。ブラチスラバの街と新しい友達を知るにはとても良いイベントです。

 

住む場所は学生寮で4000人ほどの学生が住んでいます。寮に着くと最初にコーディネーターから寮の説明を受けます。部屋は2,3人でシェアですが、問題があれば部屋の変更も聞きます。寮の玄関には24時間管理人がいます。

 

②スロバキアにくる留学生

スロバキアはヨーロッパの中央に位置しているだけあって、ほとんどの留学生がヨーロッパから来ています。その中にはラトビアやベラルーシからきた留学生等、私たちからするととても珍しい国出身の仲間もたくさんいます。みんなそれぞれ目的を持ってここに来ています。


「ヨーロッパ」と聞くとイギリスやフランス、ドイツ等観光地で有名なところばかりを想像しがちですが実は他にもたくさんの国があり1つ1つに違った国の良さがあることに気付きました。いろんな国の出身の人と会話しその国について知ることは自分の視野・考え方を広げる良い機会になります。


スロバキアにはアジア人はかなり少ないですが、台湾、韓国、中国、ベトナムから来た留学生もいます。寮にいるとここは完全にヨーロッパの国だと感じますが旧市街に出ると、アジア人観光客もちらほら見えます。2019年の今の時点でスロバキアに住んでいる日本人は200-300人くらいいるそうです。

ヨーロッパの大学は9月を前期として数えるため、今期(後期)からきた留学生は前期よりも少ないです。そのため今期までで留学を終える人が多く、私たちのケースは少数派だと気づきました。

 

これから1年間長いようで短い留学生活を思う存分楽しみたいと思います。

ブラチスラバの旧市街