グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ロイファナ大学リューネブルク校
2015年9月号 理工学部 K.U

①オリエンテーションについて

ロイファナ大学リューネブルク校(以下ロイファナ大学)では留学生のために多くのオリエンテーションが開かれ、他国から来ている留学生と気軽に触れ合う機会を与えてもらった。オリエンテーションはキャンパス・街の案内やパーティ、スポーツなど様々な内容のものが開かれた。

最初のオリエンテーションは食堂で他の留学生と一緒に朝食を食べるという内容だった。ドイツらしくパンやハム、チーズなどが用意されていた。朝食後は在校生アシスタントにキャンパス内を案内してもらい、彼らの指示に従いビザの申請に必要な書類を記入した。その後はロイファナ大学での時間割の組み方やロイファナ大学についての説明、ドイツ語講座のクラス分けのためのテストがあった。またアシスタントによるリューネブルクの中心街の案内もあり、そこではリューネブルクという街の歴史を詳しく教えてもらい、さらに市長によるレセプションがリューネブルクの市庁舎で行われた。ビールやソフトドリンク、お菓子などが用意されたウェルカムパーティーというものもあった。このときに多くの留学生と触れ合うことができ非常に楽しい時間が過ごせた。その他にも留学生たちでカードゲームを行うゲームナイトや、サッカーやバスケットボールなどのスポーツイベントもあり、バリエーション豊かなオリエンテーションが開かれた。

 

 

②オクトーバーフェストについて

ドイツのバイエルン州のミュンヘンでは毎年9月半ばから10月上旬に開催されるオクトーバーフェストという祭りがある。オクトーバーフェストではビールやソーセージ、鶏肉の丸焼き、ザワークラウト、生演奏、パレードなどを楽しむ祭りである。約700万人もの人がオクトーバーフェストのためにミュンヘンを訪れる。祭りは開催日の正午にミュンヘン市長が最初のビール樽の栓を開けて”O’zapft is!(酒が出たよ!)”と宣言することで始まる。オクトーバーフェストではビールは1Lジョッキで出され、普通のビールよりも少しだけ度数が高い。

このオクトーバーフェストがリューネブルクでも9月11日から9月14日までの期間で開かれた。ミュンヘンまで出向くことは難しかったので私はこちらのオクトーバーフェストに出向いた。リューネブルクで開かれたオクトーバーフェストは小規模だったが、非常に活気に溢れた祭りだった。会場では多くの人が1Lジョッキを片手に料理を楽しんでいた。ステージではバンドによる生演奏が行われており、曲に合わせて”Prost!(乾杯!)”の声とともに1Lジョッキを交わしていた。私も周りの人たちに習い、曲に合わせ”Prost!”と言いながらビールと食事を楽しんだ。ミュンヘンのオクトーバーフェストには行けなかったがビールの本場の国でジョッキを片手に”Prost!”と唱えながらビールを楽しめたことはいい思い出になった。