グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リバプール・ジョン・ムアーズ大学
2012年9月号 国際文化学部 M.M

オリエンテーションについて

オリエンテーションは9月6日から5日間ありました。1日目はこれからのオリエンテーションの説明や学校のルールなど基本的な説明と大学の学生証を作りました。2日目はパソコンの使い方と英語のテストでした。英語のテストはパソコンで受けるテストでした。3日目はplagiarismとcollusionについてでした。日本と同じな内容でした。4日目はlibraryの説明でしたが先生が授業で来られなくなってしまいなくなりました。5日目は4日目で行われる予定だったlibraryの説明と映画を見て現地の学生とふれあう時間でした。映画はスペイン語で英語字幕で見ましたが、なぜこの映画を見たのかはわかりません。現地の学生とふれあう時間は、全く計画的ではなく、いつの間にか解散という感じでした。オリエンテーションについて思ったことは、いろいろな面で説明不足だったことです。パソコンなどの使い方の説明などは十分でしたが、肝心の授業の説明が不十分でした。取った方がいい授業をオリエンテーションで教えてもらいましたが、タイムテーブルの関係で全てとることはできず、どの授業がとれるのか不明確でした。どの授業が取れることができるのかわからずすべてのexchange studentが困っていたので、別の日にもう一度授業について一人一人に面談的なものがありました。しかしそれもすべての生徒には回らず、結局どの授業がとれるのかわからないままでした。

 

環境について

リバプールの天気はいつも曇りか雨だと聞いていましたが、意外に晴れの日が多いです。現地の学生に聞くと異常気象だと言っていました。しかし晴れていても日本の9月よりとても寒いです。何日かして雨の日があり、風と雨ですごく寒かったので現地の人や何人かの日本人は風邪をひいていました。9月の段階でコートを着ているので冬が心配です。次に寮について話したいと思います。私の住んでいる寮はGreat Newton Hallという寮です。他の交換留学生の寮よりも小さいのでとても住みやすいです。また学校やショッピングモールも徒歩で10分もあれば着くことができます。私の寮はキッチンとリビングルームを5人でシェアしています。私のフラットメイトは全てイギリス人です。全員イギリス人なので仲良くなれるか心配でしたが、みんなとても優しいです。共有スペースで出会ったら、あいさつや最近どう?など話しかけてくれたりするので自分的にはいい関係だと思います。ただお酒を飲むととてもうるさいので木金土の夜は出かけるようにしています。リバプール内は全て歩いて行けることができるので、バスなどの交通機関を利用する必要はありません。ただ夜だけは危ないのでタクシーを利用した方がいいです。リバプールは私が思うにはとても住みやすい街だと思います。

 

自由テーマ(リバプールでの生活)

日本で仲良くなった現地の学生やJSOCというサークルの人たちがいろいろ助けてくれます。私は英語を話すことが苦手で中々うまく話すことができず困っていましたが、彼らが英語のゲームをしてくれたり、発音をなおしてくれたりするのでとても助かっています。また私はこっちに来て4日目で20歳の誕生日を迎えました。4日目だから誰も祝ってくれないだろうと思っていましたが、日本で仲良くなった現地の学生がbirthday partyを開いてくれてたくさんの人に「おめでとう」を言ってもらいとてもいい思い出になりました。

リバプールはお酒の街だと聞いていたので、お酒をたくさん飲まなくてはいけないのかと少し心配でした。しかし誰も無理やり飲ましたりせず、ゆっくり楽しくお酒を飲むという感じです。Barやclubなど日本とはまた違う感じです。リバプールではbarやclubでいろんな人と話して仲良くなって友達になるというスタイルらしいです。ただほぼ毎日みんなお酒を飲んでいるのでイギリス人はすごいなと感心しています。リバプールに来てもうすぐ1か月ですがとても楽しく過ごしています。