グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

モンス大学
2017年11月号 政策学部 M.H

:授業紹介

モンス大学では経済学部に所属しています。こちらではフランス語開講の授業は受講できないので、英語で開講されている授業を取っています。ただ、英語で開講されている授業もセメスターごとに違い、数も少ないので、こちらでの授業を単位変換しようと考えている学生には不向きかもしれません。

経済学部の授業の他に、フランス語の授業も受講しています。週に2回、2時間の授業で、オールフランス語で行われています。事前にフランス語を勉強したことがあるかどうかの確認メールが届きました。フランス語を勉強したことがある場合はプレースメントテストを受けることになると思います。私はフランス語未経験者なのでビギナークラスにいます。

オールフランス語なので、私には正直厳しい授業ですが、先生が伝えようとしてることをジェスチャーで汲み取ったり、周りの子達に英語で教えてもらったりしながらなんとか楽しく受講しています。テキストは毎回先生がコピーを配ってくれるので、購入する必要はなく、もちろんフランス語で書かれてはいますが、初歩的なところから教えてもらえます。また、オールフランス語で開講されているので、自然に耳で聞いた単語を覚えて自分で使えるようにもなります。言語を学ぶことが好きな人なら、最初は難しいですが、それほど苦にはならないと思います。どうしても分からない時は、後日、バディーの子に教えてもらったりしながら、私は勉強しています。

 

:イベント

モンス大学では、ESN Mons主催のイベントがほぼ毎週行われています。平日は学生交流を目的としたパーティー、土曜日にはベルギー国内やフランスのリールという町への小旅行など、イベント内容は様々です。自国のスイーツを披露し合い、どの国のスイーツが人気かを決めるパーティーが先週に開催されていました。

参加費はドリンク代として€2~5のものや、小旅行でも€20ほどで参加できます。小旅行は往復のバス代も含まれていて、町のガイドも主催者によってされるので、十分に楽しめるものだと思います。あまりお金をかけずにいろんなところへ訪れてみたい学生にとっては有難いイベントだと思います。

また、モンス市内でも多くのイベントが開催されています。モンス市内の展示場にて、市民によるフリーマーケットやタトゥーの展示会などが様々な催しが開かれています。また、今の時期はグランプラスに移動遊園地が来ていて、土日になると子供から大人まで多くの人がそこで楽しんでいます。ブリュッセルにではすでに始まっているそうですが、12月に入るとモンスでもクリスマスマーケットが始まります。