グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

バレンシア大学
2018年12月号 文学部 R.O

【治安、危険を感じたこと、トラブルについて】

私自身は、スペインに多いと言われるスリにまだ一度も遭っていないとはいえ、油断は禁物です。例えば、イタリア人の友人は、バレンシアに来て間もない頃に、旅券、スマホなどの一式が入ったリュックサックを二人組の男性に盗まれましたし、メキシコ人の友人も未遂で済みましたが、盗難に遭いかけました。出身国関係なく、警戒は常に必要です。バッグに鍵をつける、ブランドものを身に着けない、歩きやすい靴を履くなど、対策は必須です。また街では幼稚園児か小学生かの列に出くわすと、よく子供の群れから「china」という声が聞こえてきます、アジア人は外見から目立つのだと思います。その土地での生活に慣れてくると浮いた存在の感覚が鈍くなりますが、自分が異邦人である意識は持ち続けた方が良いように感じます。

バレンシアの夜景色

【若者文化】

スペインの学生達の遊びといえば、スポーツや映画鑑賞、ビデオゲーム、トーク等ですが、特に際立つのが、週末の夜に踊りに出かけることです。会場には毎週多くの人が集まり、ラテン音楽、レゲトンに乗って踊り、賑やかな空間を楽しみます。もちろん個人によって何を好むかは違いますが、スペイン(または南米)の若者の印象として、レゲトンの音楽が好きで、踊りに出かけることが好きな人が多いと感じます。

ダンス会場の入場に並ぶ若者の列/クリスマス仕様に飾られたバレンシアの街