グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

プエブラ栄誉州立自治大学
2019年2月号 経営学部 Y.Y

余暇の過ごし方

私はBUAPでは授業を3つ(週12時間)しか取っていないですし、アルバイトもしていないので、日本にいた時よりも自由な時間がかなり増えました。

基本的に時間のある日は友達とお昼ご飯を食べに出かけたりしています。

「プラサ・ドラダ」というショッピングモールに行くことが多いです。また、映画館の値段は50ペソ(300円)ほどで見ることが出来ます。

メキシコ人はパーティーが大好きなので、12月ごろはパーティーに誘われることが多いです。

留学して間もない頃はプエブラ周辺の町へ日帰り旅行によく行っていました。メキシコはバスが発達しており、価格も安いので旅行好きにはとても良い環境ではないかと思います。

あとは授業の予習や宿題をするなど、自由な時間が増えたからこそ、自分で時間を管理する必要があります。メキシコの時間はゆっくりしていますが、ボーっとしてるとあっという間に一日が終わってしまいます。

 

留学を初めて7か月経ちましたが、1年の留学だけではとても中途半端だと感じています。メキシコで生活することが私の中では日常なので、日本に帰ることを考えると何とも言えない不思議な気持ちになりました。交換留学は長いようで非常に短いので、後悔しないようにうまく時間を使ってください。

 

あと、一つだけ言っておきたいことがあります。人にもよりますが、メキシコ人は時間にルーズなので30分の遅刻は当たりまえで、中には1時間半待ったこともありました。私は待つことが嫌いなので、集合時間の10分遅れを目安に家を出ています。メキシコに着いてから、イライラしないように気をつけてください。

 

Día de San Valentín

メキシコでは2月14日に「Día de San Valentín(ディア・デ・サン・バレンティン)」と言われる、日本で言うところの「バレンタインデー」があります。日本では女性が男性にお菓子などをプレゼントし、3月14日に男性がお返しするというのが一連の流れだと思います。しかし、メキシコでは基本的に男性が女性にお菓子などのプレゼントをあげ、ホワイトデーなどのイベントが存在しないです。。

 

BUAPではその日の前日にイベントが行われました。CUにはタコスやトルタなどの屋台が多く建ち並び、移動式の遊園地も設置されました。遊園地はすべて無料で、安全面の心配から別の意味でスリルがありました。来場者が多いため、ある友達は一つのアトラクションに乗るのに1時間半待ったらしいです。日本の大学では考えられない規模でイベントが行われたので、さすが海外の大学は違うなと思いました。

この日に何か行動してみると良いことがあるかもしれません。

ホストファミリーに連れて行ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動式の遊園地です。