グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カルガリー大学
2017年10月号 政策学部 S.K

 

「環境について」

:キャンパス

キャンパスは龍谷大学と比べるととても広く端から端まで歩いて15分くらいかかります。カルガリーは10月後半からだんだん雪が降り、夜になるとマイナス10度くらいなりますが、大学内のほとんどの建物は地下道で繋がっているためあまり外に出なくても移動できます。キャンパスには主に2か所、食事するところがありダイニングセンターと呼ばれる学食のような所といくつかのレストランが集まったところがあります。そこにはファーストフードから日本食まであり、いつも昼になると混雑しています。レストランにもよりますが、値段は日本と比べると少し高めで600円から800円くらいで1回の食事ができます。図書館は6階建てでたくさんのパソコンあり、平日は24時間空いています。カナダの学生はとても勉強熱心で朝から夜まで多くの学生が勉強しています。このような学生と一緒に勉強したくさんの刺激を受けることができると思います。また、キャンパス内にはバーやクラブがあるので寮の友達と楽しむことができます。

:買い物

キャンパスのすぐ近くには買い物するところがなく大学から電車で1駅行ったところにはCO-OPとSafewayと呼ばれるスーパーがあります。CO-OPの方が少し安い気がするのでいつもそこで買い物をしています。生活用品やレストランは日本より少し高いですが、肉や野菜などは日本より安いと思います。カナダではアルコール類はスーパーマーケットでは売っていないのでリカーストアに行かなければいけません。またアジアスーパーもカルガリーにはいくつかあり、日本の調味料や食材が簡単に手に入れることができます。バスで10分くらい行ったところにはMarket Mallという大きなショッピングモールがあり衣類を買うことができます。

 

「寮について」

キャンパス内にはいくつかの寮があり、私はCascade Hall というところに住んでいます。4人部屋で部屋は1人ずつありキッチン、トイレなどは共有です。Cascade Hall は主に交換留学生の人が住んでおり、ヨーロッパからの学生が多いです。私のルームメイトはフランス、スペイン、カナダ人です。寮は5階建てで1階は外から丸見えなので選ばないほうがいいと思います。寮にはレンジ、オーブン、冷蔵庫、ソファー、ベットが備え付けられています。しかし、布団やキッチン用品が備え付けられてないのでオンラインで事前に布団を買うことができますが高いので、買いに行く方が良いかもしれません。1駅行った所のBath&Body worksやWall mart,IKEAなどで買うことができます。またキッチン用品、生活用品などは前の留学生が置いていったものが無料でもらえるイベントがキャンパス内で開かれるので、日用品を買うのはその後の方が良いと思います。とても混雑していたので、早くいくことをお勧めします。日本から持ってくるのも良いかもしれません。ちなみにそれらはルームメイトと共有しています。キッチンに関してはルームメイトはかなり汚いのでたまに苦労することがありますが、いろいろな文化を知ることができとても良い経験になります。

 

 

 

 

 

 

 

リビングでよくルームメイトと映画を見たり喋ったりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋に冷蔵庫、オーブン、電子レンジ、食器棚がありとても便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(キャンパス)11月には雪がたくさん積もります。