グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カルガリー大学
2017年2月号 国際学部 T.T

余暇の過ごし方

授業以外の時間を余暇と捉えた場合、授業は毎日2つしかないので私は余暇の時間がほとんどです。その時間の中で私がやっていることに変わっている点はないと思います。興味のあることをただ楽しんで過ごしています。例えば、友達とジムに行ったりスポーツしたり、部屋で夜ご飯を作ったりしています。カルガリー大学には日本語サークルがあるので、そこで声をかけて遊んでいます。日本に留学する予定があったり、アニメやマンガが好きな人が多く集まるサークルなので、仲良くなりやすいです。あとろう学校の先生になることが今の目標なので、手話の学習をし、聴覚障害がテーマのドラマや映画を観たり、ブログやコラム、論文を読んだりしています。あと60年ほど生きていく中で自分がどうなりたいかが固まってきたので、やるべきことが明確になりました。自分の目標や夢を実現させるためにやったほうがいいと思うことをし、その中で課題やテストなど課されるものををこなしていっています。自分の将来の理想形は変わるかもしれないし、この考えが良いのかはわからないけれど、今の自分がこれでいいと思いながら行動しているので後悔しないと思っています。私が余暇の時間でやっていることは本当に普通のことですが、こんなに楽しくていいのかと思うほど楽しく有意義に過ごしています。

 

大学の規格外のイベント

みなさんは2月25日、26日に行われたスピードスケートの短距離世界一を決める世界スプリント選手権で日本人の小平奈緒選手が優勝したことご存知ですか。実はこの大会ここカルガリー大学にあるスケート場で行われたのです。私はその日、友達と遊ぶためそのスケート場で待ち合わせをしました。すると大勢の人がいてとても盛り上がっていたので興味本位で覗いてみました。するとその世界大会が開かれていました。残念ながら大会の終盤であったため小平選手の滑りを見ることはできませんでしたが、それでも世界中の代表選手のスプリントを見ることができ興奮しました。1月の24日にはカナダの首相が大学の体育館を訪れ、学生と質疑応答をしていました。日本で私たち若者の投票率が悪いと言われていますが、このようなことを行なうことで学生自身に政治について考えさせることができるため良いと思いました。このようにカルガリー大学独自のイベントもあるので、来る方は色々情報を集めて、実際に参加してみてみるのも楽しいと思います。