グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カルガリー大学
2018年12月号 国際学部 T.I

治安、危険を感じたこと

クリスマスツリー結論から話してしまうと治安はかなりいいのではないのでしょうか。4か月ほど住んでいますが、事件や異常者との遭遇はまだありません。殺人事件等もほとんど聞かないですし、そういった意味では日本より安全であると思います。ドラッグを吸っている人をたまに見かけますが近づかなければ、あまり危険性もないかなと思います。しかしアジア人というのもあり、夜中に一人で出歩くことは極力避けたほうがいいかと思います。確かカナダは日本と同等並みの治安の良さとどこかで調べた気がします。まあ場所によるんでしょうが、以前住んでいた場所でも事件など一切なく平和でした。しいて上げるなら大きな都会ほど事件は多くなる傾向から考えて、バンクーバーは少し危険なところもありました。個人の警戒を怠らないに過ぎたことはありません。天候によるトラブルも今のとこほとんどなく、久しぶりに雪以外の地面も歩きたいなと思うぐらいです。今回は本当にトラブルや危険性もないので短めで切らせていただきます。

 

カナダに来るにあたって不安だったこと

たーきー留学が初めてとなると、やはりみんなワクワクと同時に不安が募ることだと思います。みんなに共通しそうな不安とそれに対する意見や答えなどを伝えられればなと思います。おそらく一番大きいのは言語だと思います。はっきり言うと全く通用しません。特に初めてともなれば、ネイティブでアジア人と話したことのない人だと本当に通用しないし聞き取ることもできません。解決策として言語学とシャドウイングを日本にいるうちに繰り返すと、少しマシになるかと思います。そして友達ができるかどうか。意外と簡単に友達ができます。思っている以上に様々な国からの人と友達になれます。自分から話しかける勇気さえあればだれでも友達になれます。英語が上達するのか。これは明白ですね。英語と携わる時間が長ければ長いほど上達します。難しいですが誰とも日本語を話さずに生活してみてください。カルチャーショックに耐えられるか。これは本当に人によるんですが、なんでも楽しんで順応する心を忘れなければ全く問題ないです。子供みたいになんでも楽しめば何にでも適応できます。授業は難しいのか。難しいですね。平均的な日本人交換留学生だと、成績云々よりもパスすることを中心としている感じです。しかしさすがのアクティブラーニングで、かなり楽しいのは間違いないです。リテラチャーとかとってみるといいかもです。病気やケガ。保険に入るはずなのでカナダでも手厚い治療を受けられます。基本的に先進国なので心配するところはないです。こっちに来るとイベントがすべて楽しく感じられます。少しクリスマスの写真を載せておきます。自分で焼いたターキーと寮のツリーです。