グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カルガリー大学
2019年2月号 国際学部 T.I

余暇の過ごし方

基本的に余暇は勉強していることが多いですがそれ以外では、友達とダウンタウンへ出かけたり、自分の部屋で映画を見たりしています。

カルガリーは寒すぎる上にあまり何もないので外に出かけることが非常に少ないです。たまに出かけるときにはカフェに行ったりのみに行ったりというのが大半です。

噂によると実弾での射撃ができる場所があるそうなので近々行ってみたいと思います。基本的に冬はすることがないので夏に来れると楽しそうな印象です。

最近はジムに通うのに加え、大学の生徒たちとバスケをするようになりました。

こっちに来てからネットフリックスのありがたみがわかるようになりました。寮内にはテレビがないため暇な時間はネットフリックスで映画やドラマをよく見ています。おかげでリスニングがかなり改善し基本的に字幕なしで見れるようになりました。勉強以外の場でも勉強している感じがしますが、あまりこういう機会もないので楽しんでいます。

 

カルガリーでできること

カナダの中でもカルガリーに来てできることをいくつか紹介したいと思います。

カルガリーのイメージとしては石油やビジネス、田舎というのがよく上げられますが都心部に行くと町並みは西洋風でとてもきれいな街です。カルガリーは自然豊かな街でアクティブに過ごすことができるほか博物館や歴史地区もありアートの感性も身に付きます。

暖かい時期に来るとハイキングができる場所が非常に多く存在し自然と野生動物に囲まれリラックスできます。その中でもバンフやレイクルイーズは壮観でキャンピングにもうってつけです。冬にはスキーリゾートと化しサラサラのパウダースノーの上でスキーやスノボーが楽しめます。

park夏にはスタンピードというイベントが開催され期間の間は多くの人でにぎわっていますが、留学の時期では見ることができません。

カナダは土地的に夏は日の入りが遅く8時になっても全然明るく外にいる時間げ長くなります。

ゆるやかな川でのラフティングやボートで楽しむ人も良くいます。カルガリーにはおいしいレストランが数多く存在し移民大国なだけあって、様々な国の料理がその国の人によって作られています。日本食はバンクーバーには劣るといった感じです。こちらでレストラン等を探すときにYELPというアプリがおすすめです。海外版食べログといった感じで口コミと評価、写真を見ることができます。

基本的にアクティブな街ですが他にも探してみると楽しいと思うのでぜひ探索してみてください。