グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校
2011年9月号 国際文化学部 M.K

①オリエンテーションについて

オリエンテーションは学校が始まる前の週に行われます。事前に参加、不参加をメールで知らせる必要があるので、留学前からメールチェックはかかせません。J-1VISAを取得した交換留学生を対象とするオリエンテーションですので、そこで日本人や他の国から来る学生と会います。ここで多くの学生にfacebookを持っているか聞かれました。アメリカでは日本のように携帯電話にメールがなく、電話番号を使ってテキストメッセージを使用している人がほとんどです。そのため、出会ってすぐに電話番号を交換するのに抵抗がある人もいますので、アメリカに来る前にfacebookのアカウントを作っておくことが大切だと感じました。オリエンテーションは大学内にあるInternational Exchange Student Centerで行われます。内容としては、Visaの説明や大学内の施設についてなどです。学生書の作り方や必要事項などもそこで確認することができます。また一人一人自己紹介しますので、そのオリエンテーションで友達をつくるきっかけにもなります。オリエンテーションは約3時間ほどです。その後、希望者があればキャンパスツアーに参加することもできます。

②環境について

ノースリッジには自然がたくさんあり、過ごしやすい環境です。カルフォルニアではリスがたくさんいるので、ほぼ毎日学校や路上でリスが走り回っているのを見かけます。8月、9月の気温は毎日25度前後です。日本に比べると日差しが強いように感じられるので、昼間はサングラスが必需品となります。私がここに来て約2ヶ月経ちますが、雨は1,2回しか経験していません。日本のように湿度が高くないので、カラッとした暑さで心地いいです。しかし空気が乾燥しているため、常に水を飲むことを心がけることが大切だと思います。水道水の水はほとんどの人が飲み水としては使用していないと思います。スーパーなどで飲み水をボトルに入れることができます。1ガロン40セントくらいでとても安く手に入れることができます。大学周辺には韓国のスーパーがあり、そこで日本食も手に入れることができます。また、少し離れた所にショッピングモールもあります。多くの店が大学から少し離れているので、大学近くに住む学生は車や自転車で移動しています。私は大学から少し離れたEncinoという町に住んでいます。大学からバスで20分くらいかかります。バス代は一回に付き1ドル50セントかかります。しかし、スーパーやレストランなど歩いて行ける距離にあるので、住み心地はとてもいいです。夏の今は8時ごろに日が暮れます。ここで危険を感じたことはまだありませんが、大学側からも日が暮れてからの一人歩きには注意するように言われています。

③ノースリッジの学生について

ここに来て初めての印象は、色んな国の学生がいるということです。もちろんここに住んでいる多くの日本人とも出会います。そのため、誰かに特別扱いをされたと感じたことはありません。他国から来るほとんどの学生が英語をあたり前のように話します。そのため、現地の学生も普通のスピードで話しかけてきます。もちろん授業も英語ですので、初めの1、2週間はそのスピードに慣れることに必死でした。ここで友達を作るためには、言語のクラスを取ることをお勧めします。私はフランス語の授業を受けていますが、ほとんどの学生が初めて学ぶ教科であるので、自分だけ遅れていると感じることはありません。また言語のクラスでは他の生徒と話す機会が増えるため、クラスもにぎやかです。言語に興味のある多くの学生は他言語を学ぶ難しさを理解しているので、英語で話す難しさをわかってくれるように思います。興味のある学生はサークルやクラブに入ることもできます。学校が始まってからの2週間ぐらいは各クラブがテントを置いて勧誘してくれます。またfacebook上で各クラブと連絡を取り、参加することもできます。言葉や文化の壁に苦しむこともありますが、積極的になればなるほど友達ができるように感じます。