グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校
2014年8月号 国際文化学部 N.S

~CSUNオリエンテーション~

CSUNのオリエンテーションは授業が始まる前の金曜日に行われました。キャンパス内にあるInternational Exchange Student Centerというところに集合して、そこから別の部屋に移動しました。キャンパスのすこし奥にあるので事前に下見をしておいた方がいいでしょう。このオリエンテーションは日本人留学生のためだけでなく、すべての留学生に向けたものなので、フランス人やポルトガル人、韓国人など様々な人種の留学生が参加していました。席に着いたらまず始めに指定されていた書類を提出しました。提出する書類はあらかじめ送られているハンドアウトに載っています。日本で用意できるものはなるべく用意しておきましょう。アメリカに入国してからでないとプリントできない書類もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

オリエンテーションの内容はまず個々の書類の説明、学校のサービス、維持しなければいけない成績について、安全に過ごすための注意、J‐1ステイタスについての説明でした。9時から始まって2時間ほどで終わりました。すべて英語で説明されましたが、パワーポイントのコピーももらえるのであとから見返すことも可能です。成績については日本と考え方が異なりGPA(A,B,C,DE,F)が重要視されます。わからなければアドバイザーのアポイントをとって相談しましょう。

内容を見ると難しく感じるかもしれませんが、アドバイザーたちの説明はとてもわかりやすく、また重要な個所は繰り返して言ってくれたのですぐに覚えることができました。オリエンテーションの最後にはクイズが出され、答えるとCSUNのTシャツがもらえました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~住む場所について~

*私の場合

私は寮の申し込みが遅かったため寮に入ることができませんでした。なので急遽、offcampusの家を探すことになり、出発の何週間か前にやっと住むところが決まりました。なので寮を希望するなら大学からの書類が届いたらすぐに行動してください。私は他6人のCSUNの生徒とシェアハウスをしています。といってもリビングはないのでキッチンなどの共同の場所で居合わせない限りコミュニケーションはとれません。なので家賃も手ごろですし快適なので満足していますがその点だけが後悔しています。

*寮

友達が寮に住んでいたので寮についての情報も得ることができました。少し載せたいと思います。寮にはsuiteという2人部屋とapartmentという4人部屋の2種類あります。またキッチンのあり、なしも選ぶことができます。友達はapartmentに住んでいて、apartmentには広いリビングとキッチン、洗面所、トイレ、シャワールームがついています。収納スペースにも困ることなく、普通に綺麗な環境が整っているらしいです。ランドリーは各寮の一階にあり、基本的に不自由なく暮らすことができます。シーツや枕、キッチン用品等は私もそうでしたが、寮には用意されておらず買わなければいけません。プライベートはないに等しいらしいですが、リビングにいけば常に現地の生徒がいるので英語力上達のためには寮の方がいいかもしれません。