グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カリフォルニア大学 デービス校
2014年3月号 理工学部 S.H

・治安、危険を感じたこと、トラブルについて

UCD付近で危険を感じることは全くありません。深夜に自転車で家に帰っても平気でした。UCDの付近は、ほとんどが学生の住まいばかりなので、全く心配する必要はないと思います。

ただ、他の場所では、気を付けてもらわないといけません。例えば、サンフランシスコに遊びに行くとします。サンフランシスコのダウンタウン付近は、夜でも人がたくさんいるので、危険はそれほどありません。しかし、少し離れた所に行ってしまうと、ホームレスの多い地域や、低所得者の住宅街あるのですが、はっきり言ってそこは大変危険です。実際に僕が行ったわけではないのですが、現地の友達などの話では、お金を取られても仕方のないところだそうです。色々話を聞いていると、基本的にその町のダウンタウンなど、人がたくさんいるところは安全なようです。アメリカのどこかに旅行に行く際には、そこに詳しい友達と一緒に行くか、前もって危険な地域を調べておくといいと思います。

 

・自由テーマ

TEDについて

UCDでTEDのプレゼンがあったので、参加してきました。今回行われたTEDは、文学、アート、将来などテーマでした。すべての英語を理解することは難しいですが、それなりに何を言っているのか理解さえできれば、楽しいと思います。人の考え方、話し方で様々な事を考えさせられるので、いい刺激になりました。これから、アメリカに来る人は、元々行動力のある人だと思いますが、アメリカに来たらより一層アグレシッブに行動し、たくさんの事に参加してもらいたいです。僕は、TEDを聞くことで、本当にいい勉強になったと思います。