グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

キングス・ユニバーシティーカレッジ
2013年3月号 法学部 C.U

日本から持ってきたらよかったと思うもの

日用品はこちらでも日本と大体同じようなものが買えるので、持ってきたらよかったもの/持ってきてよかったものは日本食や薬類、本類です。

食品・・・ふりかけや海苔、スープやお茶漬けの素、カレーやシチューのルーなど、かさばらず日持ちがして手軽に日本の味が楽しめるものがお勧めです。お米はこちらで日本のものと同じものを買い時々鍋で炊いていますが、電子レンジでご飯が炊ける容器があれば便利そうでした。

薬類、顔に触れるもの・・・心配な人は自分に合ったものを用意するといいと思いますが、スキンケア製品や化粧品はこちらでも海外メーカーの同じようなものが買えます。

書籍類・・・勉強用の日本語の教材や単語帳、辞書、好きな小説など。私は日本で使っていたフランス語の教材が役に立っています。授業によっては試験の際紙の辞書のみ持ち込み可のものがあるので、一冊持ってきたらよかったです。

その他・・・洗濯物を干すハンガーや蛸足(乾燥機は嫌いなのであまり使っていません)、必要ならスーツ、パソコンと別にWi-Fiでネットが使える端末、友達の写真など。すぐ必要でないものは渡航前に船便(時間がかかるが安い)で荷物を送っておいて、現地で受け取るのも賢いと思います。

趣味や日本の文化に関するものを持っている人は、持ってくればいいと思います。私は日本で学んでいた茶道の道具を持ってきました。Huronのイベントで日本の文化として点て出しをさせてもらったり、カナダでの生活にストレスを感じた時にお茶を点てたりしています。

 

現地の学生・友人について

カナダは移民の国といわれ、様々な人種の人がカナダ人として暮らしています。キャンパスの留学生は中国人が圧倒的に多く、次いで韓国人、そしてその他の地域といった感じです。日本人は圧倒的に少ないですが、それでもハーフや日本語を勉強している人などを含めるとある程度います。英語で困るというレベルの生徒はほとんどおらず、いたとしても中国・韓国人は仲間内でカバーしているようで、コミュニケーションくらいとれないと本気で困ります。いえ、困りました(笑)

こちらの学生は、一言でいうとやはりアクティブで、遊びと勉強の切り替えがうまいと思います。進学を考える人はいい成績をキープしなければいけないこともあり、図書館ではいつも多くの学生が勉強しています。ジムで運動したりジョギングをしたりしている人も多いです。また、Westernは派手なパーティーが多い大学としても知られており、イベントなどの際は大変なお祭り騒ぎになります。今月は丁度St. Patrick’s DayとEasterがありました。メインキャンパスの中にはパーティー寮と呼ばれる寮もあり、友達は酔っぱらった生徒が毎週のように火災報知機を鳴らして叩き起こされると言っていました(笑)

カナダ人の教授によると、カナダ人はshyでpoliteらしいです。こちらでは基本的にその辺にいる人に話しかけてもみんな普通に受け入れてくれるので話しやすいですが、テンションが高すぎてついていけない時もしばしば(笑)日本人が少ないのもあると思いますが、大抵の人は日本にいい印象を持ってくれているようなので、それを武器にしてどんどん話していけばいいと思います。

 

自由テーマ

大学でどのように人と関わる機会を持っているかを書こうと思います。まずこちらへ来てすぐKing’sのBridging Weekで、ほとんど全部の留学生と話すことができます。その後全体のオリエンテーションが始まれば寮ごとのMTがあったり、授業が始まったりして現地の学生と話す機会ができます。グループワークのない授業で友達を作るのは難しいですが、偶然隣に座った人に話しかけたりしてみると案外すぐ顔見知りになれました。

また、King’sにもメインキャンパスにも様々なクラブがあります。私は英語力のこともあり、Japanese Culture Clubというクラブ以外に参加するのを諦めてしまいましたが、授業が始まって少ししてからクラブウィークがあるので、その機会に何かには参加するべきです。JCCでは日本や日本語を学びたい人と友達になることができ、時には日本語を教えたり英語を教えてもらったりできるので楽しいです。今は週に一回日本語のconversation circleがあったり、時々カラオケや映画などのイベントがあったりします。今の幹部達が来年で卒業の為その後はどうなるかわからないらしいですが、ぜひ参加してください。

その他では、メインのInternational and Exchange Student Centreがinternational student向けのイベントを多数企画しています。毎週のGlobal Caféやinformation sessionといった情報交換の機会、Peer guide program, King’sのアクティビティのような遠足などのイベントも多数あります。English Conversation Programは少人数のグループで非常に話しやすい環境で英語が練習できるので、英語力に不安がある人には大変お勧めです。