グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

クワントレン・ポリテクニック大学
2016年4月号 国際文化学部 Y.L

①この留学を振り返って

カナダへ留学する前に、日本にもう2年間、留学しました。したがって、カナダで感じたカルチャーショックは日本よりずっと大きかったと思います。カナダに来て、最初は非常に慣れていなかったとも言えます。学校でも日常生活でも、日本ほど馴染みなかった気がします。新しい国で留学するのは不安があるのは当たり前とわかっているけど、この不安さは日本に留学するときと比べたら、ずっと不安だった気がします。はじめの学期は正直、あまりうまくいってなかったと思います。授業のやり方に慣れなくて、言語能力不足で、一度落ち込んだこともあります。一学期が終わってから、色々を振り返って、自分がよくできなかったところを見つけて、まだ足りないところを高めるという決心を固めました。二学期の授業登録をしっかり考えた上で決めて、講義を真面目に受けて、宿題やレポートをちゃんと完成していきました。二学期の成績が徐々に上がってきました。勉強の以外に、週末の時間を利用して、知り合いとあちこち観光してきました。一応、勉強と遊びを両立できたと思います。カナダでの留学生活で、一番、実感したことは自立であると思います。日本で、もし困難があれば、自分は解決方法を考えた上で、身の回りの友人や先生に助けを求めることが多いと思います。友人も先生もとても優しくて助けてくれました。しかし、カナダの場合は、皆、忙しくて、助けてくれたくても、その余裕がなさそうでした。そのため、カナダで、自分が困難であったら、できるだけ自分の力で解決すべきという習慣を身につけました。

②帰国後どう留学経験を活かす予定か

一番目に活かしていきたいことは語学力だと思います。留学後と留学前の英語のレベルと比べてみたら、うまくなってきた気がします。上手というよりもナチュラルになってきました。より上手くなってきた英語で、もっといろいろな国の友達を作ってみたいと考えています。もっと多くの素晴らしい人と巡り合って、もっといろいろな考え方、異文化に触れようと思います。

二番目に活かせていきたいことは、この留学経験の全体だと思います。カナダで北米の考え方、価値観、人との付き合い方などを触れ、自分の視野を広められ、考えのスタイルもリフレッシュされたと考えます。カナダに来る前に、大学院を卒業したら、大手企業を目指す就活を展開しようと考えていました。今は自分にふさわしい職業を見つけることが一番大切なことだと思うようになってきました。大手企業でも中小企業でもあまり構わないです。

三番目は自分の留学経験をシェアしたいです。留学を考え中、それともまだ不安を抱いている人にアドバイスや自分の経験などを話し合いたいと思います。