グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

中央大学校
2019年11月号 文学部 M.O

《 カルチャーショックについて 》

私が留学生活を通して大きなカルチャーショックを受けた事はあまりありませんでした。

初めて韓国に来たときに驚いた事は、交通機関の料金がとても安い事です。地下鉄は基本130円ほどで目的地に着く事ができます。電車を乗った後にバスに乗り換えると、(バスの運賃)-(さっき乗った電車の運賃)で乗る事ができるので、バスの運賃のが安い場合は実際無料でバスに乗る事ができます。

なので、遊びに行ったりする時などは学校の近くのバスに乗って地下鉄の駅まで行ったりする事も多いです。最近では気温がとても低くなってきているので、学生たちも歩かずバスを利用する人が増えているように思います。

地下鉄とバスも安いのですが、タクシーも安いです。日本だと滅多にタクシーに乗る事は無かったのですが、韓国のタクシーは安いですし、運転手のおじさんは凄いスピードで運転してくれるので割と便利な時もあります。私の住んでいる最寄りの地下鉄から30分ちょっとの場所でも1人1000円程度でタクシーに乗る事ができます。

留学初日に学校の最寄りから学校の寮までタクシーを利用しました。最寄りの駅から中央大学の寮までは歩いて30分ほどで、重いスーツケースを持って歩くのが困難だったのでタクシーを呼んで寮の前でおろしてもらいました。値段も400円程度で重い荷物を持って30分程歩くのを考えたらとても便利だと思いました。

 

《 留学生活を振り返って 》

留学生活残り1ヶ月を残して、これまでを振り返ってみると、私は渡韓前にビザの件があり留学生活を2週間弱程遅れて始めました。

渡韓した次の日から授業に参加したのですが、どの授業の教授も優しく迎え入れてくれました。授業などの事でわからない事は、現地の生徒たちがたくさん教えてくれました。

前期に高熱を出した時は正直実家に帰りたくなりました(笑)まだ渡韓したてで、友達もおらず、どうしていいかわからず部屋でずっと寝ていました。

この9ヶ月間で本当にいろいろな事を学んだと思います。身の回りのことを全て自分でして、学校のやるべき事も日々確認しながら…留学初めの方は、ドキドキしながら授業に行ったり、ご飯屋さんでも自分の言う言葉が通じるか、言われた事が自分に理解できるか心配な毎日でした。今でも少しドキドキする事もありますが、分かる言葉も増え、生活に慣れてきた事が身にしみてわかります。

残りの期間は、何かやり残して後悔しないように沢山外出して思い出を残したいです。ラストの期末考査も悔いの残らないように沢山勉強して頑張りたいと思います。