グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

チュラロンコン大学
2015年11月号 国際文化学部 K.F

治安、危険を感じたこと、トラブルについて

タイ、バンコクに来てから4ヶ月ほど経ちますが、危険と言えば、爆発事件が起きたぐらいで…。

爆発事件が寮から10分程度のところで起きたので、びっくりしましたが、二日もたてば、街は元どおりでした。もちろん、デパートやショッピングモールでのテロ対策の警備は強化されていましたが、警備に甘いところはあるように思えます。

特に治安が悪いなと思ったことは一度もありません。気を付けることと言えば、スリとぼったくり。

スリは、特に電話、財布をとられたとは、聞きます。私も一度財布を紛失して、でてきませんでした。警察に行ったのですが、英語が通じないので、バディについてきてもらって通訳をしてもらいました。東南アジアの中でも、大都会で、発達していると言われているバンコクですが、英語が通じないのが、難点です。

ぼったくり。ぼったくりというのかなんというのか、難しいところではありますが、“ダブルプライシングシステム”観光客から、現地人の2~3倍のお金を要求するシステム。有名ではありますが、知らないと怖いことになりうる世界です。こういう知識がないことが一番怖いと思うようになります。最近は、慣れてきたので、全くぼられることはありませんが、観光客と思われてしまうと、すごく高いお金を請求されます。しかし、慣れが怖くなる時もしばしば。トゥクトゥク、モータータクシー、タクシー(メーターもあり)交通機関を使う際は、必ず交渉です。タイでは、流しのタクシーを捕まえてもメーターを使ってくれなかったりするので、次のタクシーを捕まえたりと、日本では考えられないですが、当たり前です。トゥクトゥクも観光商売なので高いと思います。

 

チェンマイ旅行

ロイクラトンに参加するために、チェンマイに2泊3日で旅行してきました。チェンマイは、ラオスに近く、タイの北部に位置しています。気候はバンコクより、少し寒いくらいでした(この国に季節なんてありません。)バンコクとは全く町並み、景色が異なっていました。バンコクでは、あまり見ない乗合タクシーがあっておもしろかったです。また、料理も異なっているので、バンコクでは食べることのない料理も堪能しました。トレッキング、ゾウ乗り、川下りと自然の中でしかできないアクティビティも体験してきました。また、寺院めぐりもし、バンコクとは別の顔を見た気分です。感じたのは、タイといってもまだまだ貧困の差があるのだなということ。普段は、日本よりもいい暮らしをしているのではないかと思うこともしばしばあります。けれども、やっぱり、地方に行けばまだまだ発達していないところを見るのもしばしばです。もちろん、バンコクにも目に見えるところはたくさんありますが、それでも、地方に比べると規模が違います。衛生面もかなり違っているので、その観点もほかの地域、県にいって調べてみたいと思います。