グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2017年5月号 国際学部 K.S

・授業紹介

私のクラスは初級A3で、1コマ90分の授業が週に10コマあります。授業内容は基礎、リスニング、スピーキングの3つに分かれていて、基礎が6コマ、リスニング、スピーキングがそれぞれ2コマずつあります。1クラスは約20人ほどで韓国人、フランス人、ロシア人と様々な国の人々と一緒に授業を受けることは経験したことがなかったのでとても面白く新鮮です。

*基礎

まず初めに進出単語の説明、本文、文法、練習問題を解いていく形で授業が進んでいきます。日本の大学で受ける授業と同じような形です。新出単語の数の多さや文法は少し難しいですが、予習をしておけば問題ないように感じます。

*リスニング

まず初めに新出単語の説明、文法、教科書のCDを使って練習問題を解いていく形で進んでいきます。リスニングの内容は鉄道の乗り換え、道を尋ねる、タクシーの中での会話など日常生活でもたびたび起こり得るような内容で実践的であると感じています。

*スピーキング

他の2つと同じようにまず新出単語の説明、本文と並行して文法、練習問題を解いていくという形です。本文の内容は比較的簡単ですが、スピーキングの授業とだけあって、声調や発音は厳しく指導されます。また私のクラスの先生は発音などに加えて、声の大きさ、表現力なども求めてくるので、良くも悪くも非常にやりがいがあります。

・旅順の桜について

日本の桜は4月上旬から中旬ごろまでが見頃かもしれませんが、ここ大連(旅順)は気候の関係で4月下旬から5月上旬までが見頃となっています。旅順市には京都と同じようにお花見スポットのような公園がいくつかあります。私は4月の下旬に韓国人の友達とタクシーで20分ほど走った距離の公園に行きました。日曜日の午後に行ったので非常に多くの人々が来ていました。中国の人々もシートをひいてお弁当を食べたり、お酒を飲んだり、写真を撮ったりと日本で見るお花見の光景と同じような感じでした。桜は非常に綺麗で魅力的でした。もし、今後も旅順に来る機会があれば、ぜひまた訪れたいと感じるくらい素晴らしいものでした。