グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2014年2月号 国際文化学部 N.H

テーマ;「オリエンテーション」 留学に来てすでに1ヶ月が経ちました。私の中ではすごく充実していた1ヶ月だったのであっという間に時間が過ぎていきました。すでに中国での生活にもすっかり慣れてきました。3月末ですが大連はまだまだ寒い日が続いています。さて、2月号のテーマである「オリエンテーション」についてのレポートをしていきたいと思います。私たちは2月26日に大連に到着しました。そして次の日にクラス分けテストがあり3月3日から授業が始まりました。まだ本格的な授業ではありませんでしたがいい緊張感で授業に臨んでいました。そして、3月12日に大連外国語大学で入学式がありました。この入学式は留学生対象の式典です。多くの留学生が参加していました。この入学式でまず大学の紹介がありそのあと先生方が私たちに祝辞の言葉を頂きました。その後は留学生の代表者がスピーチをしてくださいました。私は先生方の話を聞くのが精いっぱいでした。その時初めて言葉の壁を実感しました。先生方の話が終わると今度は大学での生活や中国で生活するうえでのルールや注意事項が始まりました。それが終えるとグループに分かれて写真を一枚撮りました。そうして約1時間半の入学式が無事終わりました。入学式後の留学生活は大学の周りを散策したり生活用品を買ったりし大学内を見学したりしました。そこで多くの出会いがあり、多くの日本人と知り合うことが出来ました。今後も楽しい留学生活が出来るように頑張っていきたいです。 2.自由テーマ 「留学生活のスタート」  留学生活1ヶ月が過ぎましたがすでに楽しい事も辛いことも経験しました。その中で特に最初の1週間の出来事をレポートします。まず、留学当日すごく不安があり大連に到着するとますます不安が大きくなっていきました。次の日から私たちは入学手続きに追われました。まだ大学の事を知らなった私たちは建物を見つけるだけで精一杯でした。そこに着くと色々な手続きをしていました。私たちも手続きを済ませて帰る予定でしたが申請書類が全部そろってなくて手続きが長引いていました。しかも難しい中国語で説明されて私たちも戸惑いました。結局その日に手続きができませんでした。私たちは昨日足りなかった書類を持って改めて行きました。しかしまだ必要な書類が足りてないと言われてできませんでした。結局6往復してようやく完了しました。私たちはその時心が折れそうになりました。なぜなら入学手続きだけで1日半もかかってしまったからです。しかもその時の担当者がしっかり説明してくれなかった点と難しい中国語での会話だったので理解に苦しんだ点が原因でした。私たちはスタートからつまずきました。その後も健康診断を受けに病院に行きました。そのバスが事故を起こすというハプニングにも遭遇しました。まだ自分自身日本の感覚が抜け切れていない部分もあったかもしれません。しかし本当に最初の1週間は大変でした。