グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2014年12月号 国際文化学部 S.K

・この留学生活を振り返って

1年という長いと思っていた留学生活も間もなく終わりの時を迎えようとしています。今思い返してみるとこの留学生活は自分が大きく成長することのできた留学生活だったなと思います。

まず、やはり勉強面です。日本にいたころから中国語に興味を持ちなかなか楽しんで勉強していましたが、いざ中国に来てみると中国語を聞き取ることもできず、緊張して何も話せないという悲惨な状況でした。だから最初は日本人の人と一緒にいたり、部屋で時間をつぶしてしまったり、初めての海外ということで疲れて寝てしまったりということもたびたびでした。しかし授業をだんだんと受けていくごとに日本で受けた文法をもう一度しっかりと復習することが出来たり、新しい単語、文法を学ぶことが出来たり耳もだんだんと中国語に慣れ聞き取れるようになったりと日本にいた時よりかはレベルアップすることが出来ました。また毎日が中国語なので上達するスピードも速かったです。屋はり外国語を勉強する面で海外に出ることは必要なことだなと思いました。

次に友人関係です。大連外国語大学では日本人の他に韓国人、ロシア人がとくに多いものの、イタリア人、フランス人、アメリカ人、エジプト、などたくさんの地域から留学生が集まります。日本ではあまり触れ合うことのできない人たちを毎日勉強をしたり話をしたり歌ったり遊んだり、毎日がとても充実していました。やはり国や宗教の違いなどで少しすれ違うこともありましたが、こういう体験も留学ならではの経験なので今ではすごくいい思い出となっています。多くの人と交流することで自分のコミュニケーション能力の上達にもつながったかなと思います。そしてこの留学でいろいろな国の親友が出来たり、日本でもいろいろな出身地の人と交流することができ毎日が刺激的な日々を送ることができました。

そのほかにも、夏休みなどの長期休みや1週間ほどの短期の休みを利用して、たくさんの地域を旅行することもできました。北京、上海、香港、などの観光名所をはじめ澳門、深圳などに行くことができたり中国を満喫することができました。そのほかに中国文化もいろいろと知ることができました。私の今回の留学の目的は、語学の向上、多くの人とコミュニケーションをとり日本での価値観と海外での価値観の差異を感じること、そしてできるだけ旅行に行くことでした。今思い返してみると、もう少し頑張ることもできたのかなと思い返すこともありますが、楽しくこの1年を素敵な仲間や先生たちと充実した日々を過ごすことができそれだけでもこの留学に来た意味は大きかったのかなと思います。初めての海外生活に戸惑うこともたくさんありましたが、日本ではできない体験をたくさんさせていただきました。この留学に協力してくれた親やこの留学で出会った人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。またこのような機会があったらぜひ参加してみたいなと思います。

新年晚会    毕业典礼