グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2014年6月号 国際文化学部 N.H

・日本から持ってきて良かった物 大連に来て約半年が経過しました。すでに大連外国語大学は夏休みに入っています。さて今回のテーマである「日本から持ってきて良かった物」をいくつか紹介していきたいと思います。 1. 日本食  留学をしていたらたまに日本食が食べたい衝動に駆られます。だから日本食を持っていくのは必須です。大連にはもちろん日本料理店がたくさんありますがとても高いです。だからインスタントやふりかけ、レトルト等の手軽な食品を持っていくと寮などですぐに食べられてとても便利です。またお菓子もいくつか持参して良かったと思っています。日本のお菓子と外国のお菓子は少し違います。 2. 薬  留学期間中風邪を発症したりけがをする恐れがあります。そんな時に外国で薬を購入するのは少し不安になります。外国では外国人に違う薬を処方する店もあるそうです。だから日本で薬を買って留学に行く事をお勧めします。また安全性も保障されているので安心します。それ以外にも私は目が悪いのでコンタクトを毎日つけています。だから目薬も持参しています。これも持ってきて良かったと思っています。 3. カード類 クレジットカードやデヴィッドカードを私は持ってきました。すごく便利です。現金もある程度持って来るのもいいですがリスクが高いです。また外国でカードを作るのもリスクがあります。留学に行く前に事前に作っておくことをお勧めします。財布に現金がなかった場合すごく役に立ちます。 ・自由テーマ 「前期を振り返って」  学校は期末試験が終わり今学期が終了しました。この半年間すごく充実していました。期末試験の点数もそこそこで満足しています。5月に受験したHSK4級も無事合格できて安心しています。次は5級を目指して頑張って勉学に励んでいきたいと思っています。今私たちの大学は夏休みに入っています。先日修了式がありました。多くの友達が卒業していきました。とても寂しいです。私はこの前期を振り返って多くのことを学び多くのことに失敗しました。中でも私は国際交流の難しさを肌で実感しました。それ以外にも学習面、生活面と多くのことを吸収することができました。半年でありますが貴重な経験を得ました。まだ半年の留学生活が残っています。来学期は今学期の経験を踏まえてさらなる向上を目指していきたいと思っています。夏季休業中ですが復習を怠らず充実した夏休みを送っていきたいです。