グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2017年5月号 経済学部 O.Y

〈授業紹介〉

私のクラスは中級C2というクラスです。クラスメートは15人で、国際色豊かでいつも賑やかなクラスです。授業は、精読、査読、リスニングと会話、の3種類となっています。1限目は8時半から10時まで、2限目は1015分から1145分までとなっています。私のクラスは午後の授業はありませんが、クラスによって異なります。また、わたしは、課外授業として「中国結び」という授業を受けています。毎週月曜日の34限目と続けて行われるので、少し根気が必要ですが、楽しく受けています。

次に授業内容ですが、授業はすべて中国語で行われます。私のクラスでは今期から入学した学生が私だけだったので、周りはどんどん発言している中で私は質問の仕方もわからず、質問をしても中国語などでよくわからなかったりと不安でした。クラスが合っていないんじゃないかと思うときもありましたが、毎日必死で復習を繰り返し、聞き取れないときはなんども聞いてみるなどしていくうちに、少しずつ、ついていけるようになりました。今では、授業にも積極的に参加し、友達もたくさんできました。中国語で行われる授業は初め大変だと感じるかもしれませんが、乗り越えれば、楽しくなります。また、わからないときでも周りの友達が助けてくれたり、先生も生徒に寄り添って悩み相談もきいてくれます。私は、この現在のクラスで授業している時間が大好きです。


〈ゴールデンウイークについて〉

大連外国語大学はゴールデンウイーク(今年は429日から57日)の間、休みとなります。中国人の学生さんは、地元へ帰るのが一般的のようですが、国内旅行に出かける学生もたくさんいます。また、留学生もたくさんの方が旅行に行きます。私は旅行には行きませんでしたが、大連市内に観光に行ったり、映画を見に行ったり、寮で料理を作ったりして過ごしました。私の部屋は6人部屋なのですが、3人は上海へ行き、1人は北京に行き、部屋で2人の生活だったので少し寂しかったです。私も旅行に行きたかったのですが、金銭面のことを考えて諦めました。ですが、旅行に行かない人同士で遊んだり、1人で観光に行ってみたりと、貴重な経験もでき、よかったと感じています。もし、交換留学の間に国内の旅行をしたいと考えているかたがいらっしゃれば、夏休み以外にも、この9日間のゴールデンウイークを利用するのもおすすめです。しかし、この期間は国民の休みの日とかぶっている日もあるので、人が多いことは覚悟しておいたほうがいいと思います。飛行機などの予約をする際は早めにしておくと安いです。