グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2018年3月号 国際学部 K.K

オリエンテーションについて

3月5日の14時45分頃に大連の空港に着きました。着くと「大連外国語大学」の看板を持っている人がいます。その人に名前を言い、さぁ出発!と言いたいところですが、その日に空港に着く生徒が皆集まってから出発だったので、私たちは約1時間半程待って出発しました。バスで11間程で宿舎に着きます。着いてからはまず入寮手続きです。この時に寮の保証金で500元払いました。そこから鍵を貰い部屋まで移動します。この時に事務の方が一緒に部屋まで行ってくれるのですが、部屋を開けてここだよと言い、戻って行きました。私が入った部屋は暗くて人がいる気配がありませんでした。その時は「你好」と言ってみて下さい。恐らく誰か出て来てくれます。来て初日にとても不安な思いをしたのでそういう場合もあるという参考になればと思います。次の日は汉学院で入学手続きを行いました。必要書類を持って行います。言葉はあまり分かりませんでしたが、新入生は少なくなく、前の人がやっている事を見て行いました。またこの時に保険金とビザの費用合わせて900元払いました。3月8日にクラス分けテスト、9日にクラス結果と教科書配布がありました。テストはそこまで気負わなくて大丈夫です。後で変更期間があり自分に合ったクラスに変更することができます。そのためどちらかというと、この変更期間で自分に合うクラスを探すことの方が大事かなと思います。その次の週から授業が始まり、少し経つと健康診断があります。2時間程かけて病院へ行き、内科、外科など空いてるブースから回って行いました。費用は500元でした。

 

携帯について

恐らくほとんどの人が携帯ってどうしたらいいの?と思うと思います。そこで私と周りの友達がどうしているか紹介したいと思います。

・日本で使っている携帯をSIMロック解除し、中国のSIMカードを入れて使う

SIMロック解除ができる携帯はiPhone6s以上かつ100日以上使っているものに限られるので自分の携帯を確認してみて下さい。また日本のSIMカードを無くさないように注意しなくてはなりません。

・中国の携帯を買って、それをテザリングして日本の携帯を使う

テザリングとは携帯をWi-Fiルーターとして使用し、別の携帯やパソコンを繋ぐことです。もし自分の携帯がSIMロック解除できない状態でも、この方法ですれば自分の携帯を使うことができます。ただしテザリング元の携帯から離れるとWi-Fiが届かなくなるため、常に2個持ちしなくてはなりません。

・中国の携帯を買って主にそれを使う

一例ですが携帯本体代900元とSIMカード100元の計1000元で購入できます。日本の携帯はLINE、Twitter、Instagramなどを見たい時にテザリングして使ってるそうです。
また、中国では基本的に先程あげたアプリは使えませんが、無料のVPNアプリを取るなどしてVPNを繋ぐと使うことは出来ます。ただ勉強しに来てるのにずっと携帯に依存してしまうのもなぁと私は思います。そんなん言われても絶対無理!と思うかもしれません。来てみると毎日予復習に必死です。意外といけるものです。私は週末に休憩がてら動画見る程度で今のところ使っています。参考になれば幸いです。
左→寮の事務所(办公室)    右→办公室前の道