グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東亞大学校
2019年3月号 国際学部 R.T

<オリエンテーションについて>

今年度は3月4日(月)にオリエンテーションが行われました。

国別ごとに交換留学生が集められ、1時間程度日本語ができる先生から日本語で説明を受けました。

3月15日(金)に2019年1学期外国人新入生入学式がプミンキャンパスでありました。

内容は主に韓国語講座や学部授業、寮、外国人登録証の申請、奨学金の振込についてなどの説明でした。

オリエンテーション後に釜山銀行の口座開設もしました。

そしてお昼からは韓国語講座の簡単なレベルテストが行われました。

クラスは中級1と初級1と初級2で分けられます。

今年度は中級1が1番上のクラスになり、中級2は開講されなくなってしまいました。

レベルによって授業の時間帯が異なり、中級が9:00~13:00までで、初級が13:10~17:10までです。

そして今年度は全てのクラスがスンハクキャンパスで行われることになりました。

テストを受けた次の日の3月5日(火)から早速韓国語の授業が始まりました。

 

<外国人新入生入学式>

3月15日(金)にプミンキャンパスで2019年度1学期外国人新入生入学式が行われました。

今学期から東亞に来た外国人留学生がみんな集まりました。

写真に写っている舞台の前に並んでいる学生たちは「DAYLY」という、私たち留学生の留学生活の手助けをしてくれる学生団体です。

空港でのピックアップの際にもDAYLYのひとが迎えてくれました。

携帯の契約をする際なども日本語が上手なDAYLYが一緒に来てくれたので安心でした。

学校長からの挨拶などがあった後、東亞大学の学生たちがテコンドーを披露してくれました。

韓国の文化に触れることができて面白かったです。