グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東亞大学校
2019年7月号 国際学部 A.H

①日本から持ってきてよかったもの

日本の食品、日本で買った参考書、お気に入りの文房具です。韓国は辛い食べ物が多いのですごく日本の食べ物が食べたくなります。また寮では料理ができないためインスタントの食べ物を重宝します。次に日本で買った参考書です。日本語で書かれた参考書は韓国にほぼ売っていません。あってもごくわずかです。韓国で日本語訳ありのTOPIK試験の参考書を買いましたが、日本語が間違っていたりしていてスムーズに勉強できませんでした。最後に文房具です。私は0.2mmのシャープペンシルを愛用してたのでもってきました。韓国には売ってないので持ってきてよかったです。

 

②寮生活について

東亞大交換留学生はスンハクキャンパスの寮で生活します。寮生活なのでメリットデメリットがあります。まずメリットです。1つ目に学校から近いことです。10分も下れば学校に行けるのでとても良いです。2つ目に常に友達がいることです。3つ目に施設が整っています。ジムやコピー機、寮にいなくても宅配を届けてもらえます。もちろんデメリットもあります。まず1つ目寮なので自由は少ないです。点呼や禁止事項があります。一番きついのは冷蔵庫がないところです。飲み物や野菜果物をたくさん買って保存なんてできません。寮は住んでいる人が多いので洗濯がかぶって好きな時にできないなんてザラです。乾燥機の数はもっと少ないので、タイミングを見計らってする必要があります。