グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東国大学校
2018年6月号 国際学部 Y.K

<治安、危険を感じたこと、トラブルについて>

留学に来て4か月が経ちましたが、トラブルと言ったものは全くなく、治安が悪いと感じたことは全くないです。韓国は日本と同じように安全な国です。普通に生活していれば危険を感じることはほとんどないです。また、繁華街や学生街は夜もとても賑わっていて人も多いので、夜に一人で出歩いてもあまり危険を感じないです。しかし何が起こるかわからない世の中なので、全く危険ではないとは言い切れないので、日々気をつけながら生活していくべきだとは思います。

韓国に来て唯一危険を感じたことと言えば交通です。韓国は交通量がとても多いです。そのうえ、歩行者をあまり優先しません。信号のない横断歩道を渡る際などは、車が止まってくれることがあまりないのでタイミングを見計らって渡る必要があります。横断歩道を渡る際は注意を払い、気をつけながら渡るべきだと思います。

 

<南怡島 남이섬>

冬のソナタで有名な観光地である南怡島に日帰りで行ってきました。南怡島は江原道・春川にあり、ソウルから電車やバスで2時間ほどで行くことができます。島に行く際は船で上陸することもできますがZIPWIREで島に行くこともできます。ZIPWIREと島の入場料と船の乗車券込みで38000ウォンなので体験してみるのもありだとおもいます。南怡島内には有名なメタセコイア並木があり、たくさんの観光客が写真を撮っていました。また、南怡島内は意外と広いので自転車を借りて島内を回ることをオススメしたいです。南怡島は自然いっぱいでソウルでは感じることができない気分を味わえるのでヒーリング旅行に最適な観光地だと思いました。