グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東国大学校
2019年6月号 国際学部 S.M

<治安、危険を感じたこと、トラブルについて>

 韓国に来て4ヶ月が経ちましたが、特に大きなトラブルなく過ごしてきました。街の雰囲気も日本と似たような感じで、危険を感じたことは特にありません。特に危険に感じたことがないからと言って、必ずしも危険でないとは言い切れません。今ないだけであって、後で何が起こるか分からないので、日々気をつけるべきだと思います。ですが、そこまで気を張って生活しなければならないというほどではないと思います。

唯一言うのであれば、韓国の交通についてです。スピードを出して走っている車がいたり、頻繁にクラクションを鳴らしたり、人が多い道を通ったりする車が日本よりも多いなと感じました。また、信号のない横断歩道では、自分でタイミングを計って行くしかありません。車も歩行者がいるからと言って止まってくれません。このようなことは韓国で生活していくうちに慣れましたが、初めて韓国に来たときはとても驚きました。ですが、そこまで大きく生活する上で困ったこともないため充実した留学生活を送れていると思います。

 

<済州島旅行について>

 私は語学堂の夏学期をとっているので夏休みは4日間しかありませんでしたが、その休みの時に友達と2泊3日で済州島に旅行に行ってきました。前期は語学堂も大学の授業も受けていたのでとても忙しかったですが、済州島旅行でしっかりとリフレッシュすることができました。済州島は、韓国最南端に位置しており、韓国のハワイとも呼ばれるリゾート地です。金浦空港から済州島まで1時間ほどで行くことができます。

 1番目の写真のようにエメラルドグリーンの海がとてもきれいでした。また、海を眺めながらのんびりすることができるカフェもたくさんありました。2番目の写真は済州島で有名な黒豚のサムギョプサルを食べた時の写真です。お肉がとても分厚く、今まで食べてきたサムギョプサルとは別格の味でした。黒豚以外にもアワビやウニ、ミカンなどもとても有名です。済州島は、ソウルや釜山とはまた違った魅力がたくさん詰まっている場所だと思いました。また季節が違うときにも行ってみたいです。